池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏との訴訟

2018年8月26日 (日)

和解調書の公開-その1-

和解調書の公開-その1-

 

 天野コグ・天野ベラ夫婦が原告となり、池澤直美及び弘中絵里,池澤春菜らを被告として提起した民事訴訟のうち、和解により解決した訴訟における和解調書の写しを、一部公開いたします。


https://litigationwithnaomiikezawa.jimdo.com/和解調書/

 

 

2018年7月 1日 (日)

天野コグ・ベラ夫婦が、池澤直美及び訴訟代理人兼利害関係人弘中絵里弁護士らに対し、提起した訴訟は、民事第12部においては、裁判上の和解により、解決しました。

池澤直美(訴訟代理人兼利害関係人弘中絵里弁護士)が、支払能力に問題がなかったにもかかわらず、事前の予告なく、天野コグ・ベラ夫婦の東京の家に強制競売を申立てたため、天野コグ・ベラ夫婦は控訴を取り下げ、強制競売の手続を中止させました。

 


その後、天野コグ・ベラ夫婦が、池澤直美及び訴訟代理人兼利害関係人弘中絵里弁護士らに対し、提起した訴訟は、民事第12部においては、裁判上の和解により、解決しました。

 

 

(1) 天野コグ及び天野ベラは、東京地方裁判所平成25年(ワ)第8773号損害賠償(正しくは、が入ります。)請求事件について、原告である池澤直美の請求を一部容認した第1審判決を不服として控訴を提起したが、池澤直美(代理人弘中絵里弁護士)は、同判決に付された仮執行宣言に基づき、天野コグ及び天野ベラに対して事前の予告なく、所有するビルに対して強制競売を申し立てた。

  当時両名の支払能力には問題がなく、同強制競売の手続がとられていることに気付いた両名は、池澤直美に対し、控訴を取り下げた上、同判決で支払を命じられた金額を速やかに全額支払ったため、池澤直美は同強制競売の申立てを取下げ、同強制競売の手続は中止された。


(2)
 天野コグ及び天野ベラと池澤直美との間における訴訟については、池澤直美から、天野コグ及び天野ベラが上記(1)で支払った金員全額の返還を受けることを含む裁判上の和解により、円満に解決した。

2016年12月28日 (水)

渥美陽子弁護士が「法律事務所ヒロナカ」を退所されるそうです。

高畑裕太氏事件でFAX文書をマスコミに公開し、その姿を大々的にTV放映されたことにより一躍世間に勇名を馳せた渥美陽子弁護士が、「法律事務所ヒロナカ」を退所されるそうです。

 


渥美陽子弁護士が==>削除

画像1枚削除

 

コグちゃん(私の主人)が「法律事務所ヒロナカ」に==>削除と電話で問い合わせました。

 


すると「法律事務所ヒロナカ」から、新しい事務所に移るとの回答を得ました。

 


新しい事務所がどこかについての回答は、ありませんでした。

 


「法律事務所ヒロナカ」のホームページ「弁護士紹介」における渥美陽子弁護士の「経歴」において「2014年法律事務所ヒロナカ入所」と表示されています。

 


したがって僅か2年での退所ということになります。

 

http://www.office-hironaka.jp/profile/index.html#anc_atsumi

 


ちなみに「天野ベラのブログ」において渥美陽子弁護士について言及した記事は2件あります。

 


下記をご高覧ください。

 



2016
11 3 ()


「法律事務所ヒロナカ」が高畑裕太氏事件の示談成立後に公開したFAX文書がもたらした被害女性への深刻かつ重大な2次被害-事実関係が確認できていない状況で、一方的に独自の見解を公開し、事件後産婦人科にまで行ったとの被害女性を追いつめ、精神的苦痛を深めさせた「法律事務所ヒロナカ」の弱者叩きは許されない-


http://beraamano.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-063e.html

 



2016
911 ()


やっぱり高畑祐太氏も委任していた!-2世弁護士も所属する、被疑者や依頼人に超過保護な「法律事務所ヒロナカ」は、「正義」と呼べるのか?!-


http://beraamano.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-c9e4.html

 

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28