趣味

2012年5月 5日 (土)

本日の苦痛度、おいくつですか?

何が好きって歌が大好き。



「好きこそものの上手なれ」という言葉が正しいとすれば、

私は歌唱が上手なのかも知れない。



お世辞であれ、社交辞令であれ、よく褒められもした。



丸っきりのでたらめでも、真っ赤なウソでもあるまい。



それにつけても昔のビデオなどを観れば赤面ものである。



今の方が正確に音を追いかけて丁寧に歌える自信がある






歌に対する私ならではのこだわりとして、良い歌だと感じたら

なるべくその国の言語で歌うという思い入れが挙げられる。



それは、教養のみならず、情操面においても、
女性として完璧に近かった美しい亡き母の影響もあるだろう。



亡母がピアノで奏でたり、口ずさんだりする「トロイメライ」「グノーのアヴェマリア」「G線上のアリア」の旋律には、何とも言えぬ思いとともに幼な心が震えた。



名曲の調べに寄り添う思いは、私には過ぎた母への敬虔の念ではなかっただろうか。

私が気軽に楽しく聴くことが出来たのは、弾き歌りをしてくれた「おおスザンナ」「庭の千草」「夢路より」「歌の翼」であり、「サンタルチア」「帰れソレントへ」「オーソレミオ」といったイタリア民謡であった。



亡母のピアノに合わせて、二人で「アロハオエ」を合唱したことは、何と甘美な思い出だろうか。愛情を伴った息がぴったりのハーモニーは、ただの音合わせより美しく上手に聴こえるように思う。

 

 

社会人になってからは、コンサートに出かけたりピアノバーやライブハウスに連れて行っていただく機会が増えて、プロの方の歌を聞いているうちに、好きな曲を暗唱するようになった。

最近こそ衰えたものの、その昔、私の記憶力は他の人の比ではなかったから、歌詞は自然と頭に入っていった。



異国情緒漂う言語で歌うことが高尚に感じられて、悦に入り、酔い痴れながら趣味で歌う曲のレパートリーは増える一方だった。

 

 

この病は膏肓に入り、結婚後の私は、主人にもその国の言語で歌う喜びを伝えようと試みた。



「サンタルチア」「オーソレミオ」に始まり「夢見る思い」「ラノビア」「太陽は燃えている」……今も覚えてくれているか、唄えるのかどうかはさておき、もう何曲お教えしたことか。

そして、目下主人はこの曲に取り組み中だ。



適当に歌ったらやり直しをしてもらう。



「ええっ?また?」と悲しそうな主人。



「カンツォーネの特訓は辛い?」と聞くと

「特訓っていう訳ではないよね、ハハハ」と笑っている。



「最大苦痛度を5としたら、いくつくらい?」おそるおそる尋ねると、

すかさず「」との答え。



かわいそうだが仕方がない(笑)

 

 

歌詞を印刷した紙にブレスをするところや強調するところを書き込み、

曲の意味を解説して歌ってもらうと、ずっと上手くなった。



そこで、「今日の苦痛度は?」

4.5かな」ですって……



歌詞カードを見ないで歌える日まで、頑張れコグちゃん!

2012年4月30日 (月)

フォトギャラリー・「こだわりの品」など

「アマノなんか」にもこだわりの品はいくつかあります。

既にこのブログで紹介した「ゲラン」の化粧品も

そのひとつです。

Dsc01314

Photo_2

これは、まさに「お顔につける香水」!

担当してくださったデパートのBA(美容部員)さんに

こう話すと、

「その表現使わせていただきます!」と喜ばれました。

「ゲラン」は結婚式と披露宴で利用したホテルで

ブライダルエステを受けた頃から愛用していました。

コスメデコルテやクレドポー、エスティローダも

併用していますが、やはり「ゲラン」の香りには

抗いがたいものがあります。

香料が入ったお品でも気にならない方には、

断然おススメしたい逸品です。

 

 

スーツは「ミスアシダ」で買っています。

古くは、中学校の謝恩会で着たワンピースが、日本橋高島屋で購入した

「ジュンアシダ」(「ミスアシダ」芦田多恵さんのお父様のブランド)でした。

http://www.jun-ashida.co.jp/ma-jap.htm

「ミスアシダ」の7号サイズがぴったりだったのですが、

体調を大きく崩してからというもの7号でも大きくなってしまいました。

小さなサイズが少ないうえに、こちらではお直し代金が無料のため、

詰める箇所が多すぎて、あまり職人さんの手を煩わせても申し訳ないと

感じたりしていました。

ですが、主人の用事で外出する予定が多くなったため、

少し厚手ながらも春先に着ることの出来る上品なスーツが

見つかったので試着してみました。

すると、婆さんの私が着てもおかしくなかったので直ちに購入!

Dsc01380_2

でも、スカートは5号サイズのお作りがなかったので、

目下詰めていただいているところです。

配送していただき、届いた上のジャケットの中に、

担当者の方のメモが添えてありました。

 

0332

「ミスアシダ」は、生地の良さや仕立ての丁寧さ、

レースなどをあしらった上品なデザインに加えて、

接客をしてくださる方の可愛らしさや優しさも私好みで、

購買意欲を誘うポイントとなっています。

スカートのお直し上がりが今から楽しみです。

GWには、お買い物や外食をなさるのも良いのではないでしょうか。

私たち夫婦は和菓子やおそばが大好きで、

よく買ったり食べたりしています。

Dsc01336
小さなどら焼き

26_3
おかめそば

26_6
おろしそば

毎日食べるお米やお水、パン、バター、リンゴなども、

こだわりを持って選んでいます。こちらにつきましては、

機会があれば、主人の許しを得て公開したいと思います。

2011年12月21日 (水)

きっかけはテキサス刑事

亡き母から言われました。

「こういう男性を好きになってほしいわ……」と。

テレビには俳優の勝野洋さんのお姿がありました。

0041


それまで私は、実は

沢田研二さんの大ファンでしたが、

きっと素直な子どもだったのでしょう。

母の発言を受けてからというもの、

直ちに、勝野洋さんのファンとなりました(笑)

0042


そうしたご縁で、キャシーさんのパーティに

参加させていただいたことがございました。

キャシーさんは、華のある、輝く女性ですので、

クリスマスに限らずパーティがとってもお似合い。

今年もまた、寒い季節を、ゴージャスに

心あたたかくお過ごしになられることでしょう……

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!