美容・コスメ

2015年5月14日 (木)

平成24年(ワ)第29533号 民事第47部に係属中の民事訴訟って?!

東京地裁平成24年ワの第29533号

 


これは池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の次女で、ザウママこと渡邊摩耶氏が運営するジム「Shapes自由が丘店」の運営会社「
Shapes InternationalSI社)代表取締役・椿本健太氏を被告とする民事訴訟の事件番号である。

 


原告は「Shapes」創業者の尾関紀篤氏。


民事第47部で和解途中だ。

 


池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の長女・池澤春菜氏は、「
こんな時間に食べていると、太りますよ……(ぼそっ)」とのツイートに「そういうのとっても不愉快です。」「脅しのような言葉で、食べることに罪悪感を抱かせるのにはもううんざりです」と過剰反応し激怒していた。

 


ところが、今年(2015年)4月1日「本日からダイエッター!!」とつぶやいた。

 


エイプリルフールの悪ふざけと思いきやこれはほんと」とのことで、どういう風の吹き回しかと思っていた。

 


どうやら池澤春菜氏のダイエット、「Shapes」と無関係ではなさそうだ。

 


ところで、「Shapesパーソナルトレーナーのブログ」自由が丘店の記事を書いている渡邊摩耶氏が、「弁護士法人フォーリーフ法律事務所」の「駒場豊弁護士」を訴訟代理人として提起した2件の民事事件は終結したのだろうか?

 


いずれにせよ、渡邊摩耶氏運営の「Shapes自由が丘店」を注視していきたい。

 


*****

 


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150328-00010003-bjournal-soci

人気ジム「Shapes」乗っ取り&詐欺、文書偽造の証拠入手!被害なお拡大の危険Business Journal 328()61分配信

 


http://news.livedoor.com/article/detail/9447324/

ジム大手「Shapes」乗っ取り騒動、創業者が提訴 突然の創業者追放とノウハウ詐取か。

 


http://www.soraxniwa.com/radio/2c16843b46e1

『戸田さと美のPmama Voice』女性専用フィットネスジムShapes(シェイプス)を運営されている渡邊摩耶さんをお招きしました。女性に、ママにぴったりなジムとは?

 


http://ameblo.jp/shapes-1225/

http://ameblo.jp/shapes-1225/theme-10086331523.html

Shapes自由が丘店のブログ

 


https://twitter.com/haluna7/status/583101312578887680

本日からダイエッター‼ 現体重と目標体重は秘密にしておいて、毎朝何g減ったかだけ呟こうかな……今朝は0g。当たり前ですが_(:3」∠)_

 


https://twitter.com/haluna7/status/247688759074766848

ごめんなさい、あのね、そういうのとっても不愉快です。仕事柄、食べる時間は不規則になるものです。脅しのような言葉で、食べることに罪悪感を抱かせるのにはもううんざりです RT @Jackpot_jack: @haluna7 こんな時間に食べていると、太りますよ…(ぼそっ)

2013年4月27日 (土)

情操豊かな美女が好き -等身大の追悼文に、誠実さを見る-

人は婆さんに生まれるのではない。

婆さんになるのだ。 (天野ベラ)

 


これから書くのは昔々のお話……

 


その女性と偶然再会したのは

「ワットアルーン」だった。

 


当時、六本木のロアビルに入っていて、

個性的な色とデザインの靴が揃っていた。

 


初めて会ったのは、確かその前の週だった。




大蔵省に勤務するE氏主催のパーティには、

高級官僚ばかりでなく、著名な政治家や

ベンチャー企業の起業家たちも集っていて、

世界を動かす勢いで気炎を吐いていた。

 


そんな集いに、彼女の姿を見つけた。



一輪差しに活けるのが似合うような、清楚な花。

たおやかで、ほの白い、やわらかな人。

そんな第一印象だった。

 



テレビで観るイメージとまったく違う彼女は、

目を細めながら、静かに微笑み、

背筋を伸ばして、そっと、

消え入りそうなくらい控え目に

男性たちの脇に立っていた。

 


目が合うと、またしても、大きな目を細めて、

ゆるやかな微笑みを反してくれた。

 



この時、私は山咲千里さんを好きになった。


Photo_2


 


だから、「ワットアルーン」に入って来られた時は、

迷わずに声をかけた。



だが、千里さんは、限られたプライベートタイムである。


挨拶とともに、IBMの名刺を手渡して、

音もなく、足早に、私は店を立ち去った。

 



すると、早速お手紙が届いた。




鋭角に整った文字に、細やかな神経が伝わってきた。



「最近では、女性から声をかけてもらうことも珍しくはありませんが、ベラさんほど感じ良く話しかけてもらったことはありませんでした。

 私は、よくベラさんの会社の前を、するするとドライブしております。これからもよろしく。」



同封されていた千里さんのお名刺には、

当時のご住所と電話番号にFAX番号、

自動車電話の番号まで印刷されていた。

これだけの小道具が与えられながら、

仲良くするなと言う方が無理であろう(笑)


当時の私は健啖家で、特に仏料理が大好きだった。

美食家のS氏や、アラビア石油の同期の友人たちと「グルメツアー」と称しては、会社から歩いて行ける距離に点在する銀座の名店を中心に食べ歩いたものだった。


現在は閉店したお店も多いと思われるが、当時の記憶をたどれば、豪華な内装の「アピシウス」、たくさん食べてもまったく胃にもたれなかった「ベルフランス」、高い天井が印象的だった「レカン」、親友S子ちゃんのお父様にご招待いただいた「ロオジェ」、螺旋階段があったっけ……きらびやかな「マキシムドパリ」。



気軽な「パリの朝市」や「ビストロシェモア」にも足を運んだ。


デジタルカメラがあれば、美しいお料理の数々を、写真に撮影していたことだろう。


会社がお休みの日も、食事会にデートにと、出かけなかった日はない。


赤坂「
」、六本木「イゾルデ」、芝の「クレッセント」には、リンカーン・コンチネンタルに乗っていた某氏にご招待され、どうしても行きたいと言う親友のKちゃんも連れて行った(笑)


http://www.restaurantcrescent.com/#/top/

 

千里さんとお食事をご一緒したお店もたくさんある。

「キャンティ」「グリル満天星」「カメリア」……

 

会社帰りの気軽な待ち合わせやTV局にご一緒した帰りに話しこんだお店もあった。

フルコースも、スイーツも、すんなりと体内にしまいこむことが出来ていた昔々のお話だ。




そのうち思い出す仏蘭西料理店は、3か所だろうか。



二人だけで出かけたのは、当時のホテルセンチュリーハイアットに入っていた「シュノンソー」。千里さんは、ワゴンで運ばれて来たチーズがお気に召したようだった。今は「トロワグロ」に代わっている。

http://www.gnavi.co.jp/cenhyatt/info.htm


「会わせてくださいよ!!」と、アラビア石油の後輩TちゃんとSにせがまれて出かけたのは、「オテル・ドゥ・ミクニ」。お店の雰囲気に違わぬ優雅で甘美なお食事が、ウェイティング・バーで食前酒をいただいた時から約束されていた。


食後、六本木のホテルアイビスにあったカラオケ店で、4人は大いに盛り上がった。千里さんが歌うと、他の部屋の人たちまで覗きに来た。


http://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/

 


そして、鉄人・坂井宏行シェフの「西洋膳所
 ジョン・カナヤ麻布」。


何だかとても暗い佇まいで格調の高いお店だった。



千里さんは親友の男性と、私は三井物産に勤務していたN氏と、テーブルを囲んで談笑した。


その男性と千里さんは、本当に親友だったようだ。

お互いを見つめる目と睦みあう様子は、まるで、お手玉をしながら縁側でじゃれ合う無邪気な兄と妹のように色気のない自然なものだった。


 

「西洋膳所」で同席した千里さんの親友の男性は、遠方まで「ポロ」を観戦に出かけた時にもご一緒だった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AD

 


終始にこやかで、お洒落で、決して他人を傷つけないその男性とは、私も会話を交わしたのに、何ひとつ覚えていない。



それほどまでに、不思議なくらい自己主張と存在感とアクのないその男性は、まさに美の裏方と呼ぶにふさわしい人であった。

 

或る日、その男性が亡くなっていたことを千里さんのブログから知った。

親友の死に接してどんなに悲嘆に暮れているかを、露骨に大袈裟に書くのではなく、さりとて、冷淡でも事務的でもなく、時にぎこちなさすら感じられるほど誠実な弔意が表現されていた。

 

http://ameblo.jp/senri-blog/entry-11493936106.html

 


忙しかった時も、いつだって千里さんは、身にまとう一着のドレスを選ぶように言葉を選び、表現に迷っては立ち止まり、言葉と言葉の組み合わせに逡巡した後で、そっとお手紙を投函してくれたように感じていた。


そこには真心が感じられた。

 
手抜きのない千里さんからいただいたお手紙を懐かしく思い出す時、永遠に情操の豊かな女性を求めてあきらめない自分のいることに、あらためて気づく。

 


嘘のない誠実な情緒が、静かな湧き水のように、尽きることも涸れることもなくこんこんと体内に満ち溢れているような、そんな女性と今後知り合うことはできないだろうか……

 


はんなりとしとやかで柔和な女性と、人生の交差点でしばし袖擦り合った若き日……目を細めつつ振り返った土曜の昼下がりであった。

2013年1月 4日 (金)

フォトギャラリー・可愛い夫婦の好きなもの-陶然たる香りを頬にまとう、オンリーワンの化粧品-

今日は嵐のような強風の中を、よせばいいのに(笑)1月2日に発売された「オーキデアンペリアルディスカバリーコフレ」を求めて、震えながらお出かけしました。


化粧品はデパートで購入しています。

27




Dsc01314

Dsc02646

Dsc03004_2

Dsc03130

店員さんからの強いお薦めもあって、昨年末に予約しておいたお品です。

Dsc03159



新年早々、年末へ向けたポイントレースの火ぶたが切って落とされました(笑)

ゲランのお化粧品の「香り」に魅かれて、私は愛用しています。

以前も書きましたが、香水を顔にまとっているような感じです。

Dsc03206


今回のコフレ(仏語で貴重品を入れる小箱の意味とのこと)には、

小さな化粧品もたくさん入っていて、お試し用としてもピッタリ。

可愛らしい小物に弱い私にとって、何よりのお年玉となりました。

Dsc03202_2

なお、これを書くことによって、ゲランさんから何かいただくなどといったことは一切ございません。念のため明確にしておきます(笑)

 


年を取るということは、積み重ねた経験や、培った個性から、化粧品はこちら、ホテルならあちら、カットはいつもあの方にお任せ等……自分なりのオンリーワンを決めて行くことによって、無駄な動きを廃し、右往左往する迷い煩いを少しずつ減らしていく作業でもあると考えています。

 

齢60を過ぎても、十年一日の如く、決められもしない覚悟や、出来もしない決意を、毎年、性懲りもなく書いている老女は、信用しないに越したことはありません。


若い方々には、たっぷりと時間をかけて、ご自分ならではの感性で、さまざまなオンリーワンを見つけていただきたいと思います。

言い換えればその行為は、「自分探し」にも繋がると思います。 


ちなみに、これからいただくりんごは「金星」という名前です。 

Dsc03200

美味しいことを星に祈りながら……

今宵はこれにて失礼させていただきます。

2012年7月16日 (月)

美女になるため、必要と思われる、始めの一歩とは?

親にいただいた大切な顔です。安易に整形するのはやめましょう。

レーザー美容も心配。

お腹の中は真っ黒なのに、お肌だけ白くしてどうするの?!

 

あまりにもお洋服とプロのメイクに頼り過ぎてはいませんか?

パーティでは、「一番キレイなのは私!」と誇示したくてたまらない、

目立ちたガールや出しゃばりたガールが中心となっています。

 

こういう輩は、他の参加者たちには国内の貸衣装さんを勧めておきながら、自分だけはいち早く、手回し良く、海外に一点物の衣装をオーダーしていたりして、

「私、あなたたちとは違いますが、何か?」と鼻を明かすような形で出し抜き、種明かしまでして見せつけるのが快感なようです。

 

本当の美女は、シンプルな衣装を身に着けていても十分に綺麗であることや、顔立ちや表情では本物の美女に叶わないことを内心知り尽くしているからこそ、突飛な言動や人一倍目立つ衣装で耳目を集めようと涙ぐましい策を弄するのだと思われますが、実に浅ましいことです。

 

誰にでもコンプレックスはあります。

自分のコンプレックスを知り、それを素直に受け止められない限り、

自分より美しい女性を素直に認めることはできません。

例えば、同じ両親から生まれたのに、身近にいるお姉さんが自分とは似ても似つかない可愛らしい顔をしているという根深いコンプレックスから、一緒に遊びを企画したパートナーが読者モデルを勤めている太刀打ちのできない美形であったりという一過性のコンプレックスまで、さまざまな苦悩があることでしょう。

 

穏やかならざる心境に陥ることに、同性として理解が及ばないわけではありませんが、そこを何とか抑えて、自分ならではの魅力を磨くよう努力するのが賢明です。

 

どう見ても格上の美女を相手に、ひたすら対抗心を燃やし、負けるものかと水面下で必死に挑んでいるねじり鉢巻きの姿が見え見えなのは、恥ずかしいことです。衣装に対する過度にヒートアップした思い入れも、「馬子にも衣装」しか残された途はないという考えを実践しているようでいじましくも哀れにもなります。

 

どこの誰とは申しませんが、自分より優れた女性を素直に認めることができない女性は、褒め言葉の中にキツイトゲを含ませていたり、美女がメイクをしてもらっている姿を見ながら、突如、美女をキン肉マンに見立てて、「おでこに肉って書いてやれ~」と何度も叫んだりと、奇異な言動を展開せずにいられないようです。

これは、美女がさらに綺麗になっていくメイクアップの様子を身近で見ていて、内心腹が立ち、焦りを覚え、妨害・阻止したい心理の表れと分析することも可能であると思います。

 

友人・知人のよしみで、彼女ならではのジョークと笑って受けとめてもらえているうちは有難いと思いますが、親戚の目で冷静に見つめれば、本音であり冗談とは解釈できません。

 

なぜなら、彼女が「女優かこのやろ」と暴言を吐いた黒いシンプルなドレスを着用した女性と「おでこに肉って書いてやれ」と書かれていた女性、そして「キレイすぎて頭おかしいのか」と書かれていた女性は、誰が見ても美しいからです。

彼女は、自分がこの女性たちに美貌で完封負けしている真実を内心知っています。だからこそ、素直に褒め称えるだけで終わらせることが出来ず、ジョークとも反感ともつかない何とも座りの悪い、読み心地の悪い捨て台詞を残さずにはいられなかったのでしょう。

 

 

どんな女性であれ、自分よりずっと美しい女性に出会ったなら、自らの美のお手本としてさらに意識を高め、美しくなれるチャンスと考えて、有難く美に触れ、「お綺麗ですね」と素直に褒め称える謙虚な態度が大切であると思います。

 

美女に接する度にシャカリキに肩肘を張り対抗心を燃やすことなく、自然体でいられる体質に切り替えた方がずっと魅力的であり、健康的であると思いませんか?

そもそも、あなたが日常的に追い求めているものは、

T=楽しい

K=かわいい

O=美味しい

それに、超をつけた超楽しい、超カワイイ、超美味しいだけではありませんか?

お若ければ、そんな生活を求めてもいいでしょう。仕方ないでしょう。

但しこれからはそれに「綺麗ですね!」を付け加えてみては如何でしょうか。

目を輝かせながら素直にそう伝えられるあなたは充分に美しいと私は思います。

2012年2月23日 (木)

日本人は、一心不乱にたゆみなく、一筋の道をまっしぐらに進みましょう?!

 こんにちは!やや白髪の目立つ天野ベラです!
Dsc01004s_6

結婚してからというもの、堅実な主人の影響で

お金やモノを大切にするよう心がけています。

お気に入りのアイシャドウも

もう少しで使い切る寸前に!

見かねた主人が「買えば?」(笑)

Dsc00994

現品は既に廃盤となっていました……

Dsc00991

Dsc00995_2
 

断捨離ブームで、捨てる方にばかり流れがちですが

大切なモノや、好きなモノには、こだわり抜いて、

最後まで粘り強く使いたおす(笑)のが天野流です

 

勢いだけ、口ばっかりの「ワルい在日(女)」のような

長続きしない、飽きっぽい、根性ナシとは違います 

 

本日は、久し振りに愛用コスメについて書きました。

フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!