ファッション・アクセサリ

2012年5月15日 (火)

フォトギャラリー・私のこだわり「ミスアシダ」お出かけ着

ミスアシダのお出かけ着は特に好きで大切に着用している。

黒いビーズがあしらわれた白のワンピースとお揃いの黒ジャケットは、立教女学院の同窓会で着用した。せっかく気に入っていながら忌まわしい思い出があるから、以来一度も袖を通していない……

Dsc01600_2

Dsc01601

Dsc01602

Dsc01603


最も大切にしているピンクレースのインナーは、いつも、そっとボタンをかけたり外したり、丁寧に取り扱う。守ってあげたいような繊細さがたまらない。付属のスーツもラメ入りで、さり気ない豪華さを演出してくれる。120%私好み。

Dsc01593


Dsc01592


Dsc01590


Dsc01591


Dsc01595

ビーズをあしらった短めのジャケットと付属の濃紺のワンピースは、いったい何度着て出かけたことだろう。

あまりにも着やすく、あまりにも上品。

東京地裁での本人訴訟にも着て行ったほどの(笑)お気に入り。

Dsc01578
Dsc01571_3

最近お目見えしたばかりでまだ一度も着用していないグレイのスーツにも、襟元にはレースがあしらってある。

 Dsc01610_2

購入した時には気づかなかったが、表地はイタリア製と書かれていた。

写真撮影をしなければわからないところだった。

Dsc01612

Dsc01614_3

愛用品はこれからも時々撮影して残したい。

2012年5月14日 (月)

フォトギャラリー・私のこだわり「ミスアシダ」

ミスアシダには正統派のエレガンスが感じられる。

大人の可愛らしさを表現できる。

レース・ビーズ・フリルのあしらい方に嫌味がなく、さり気ない。

甘すぎず、くどすぎず、着心地の良さ、上質感が伝わってくる。

だから私はミスアシダの服が好き。

普段着として長く愛用してきたお気に入りのジャケットやスーツスカートを紹介する。不思議なほど飽きない。

もっともっとお婆ちゃんになってもミスアシダの7号を着ていたい。

Dsc01521

 

Dsc01523_4

Dsc01520_2

Dsc01572

Dsc01576

Dsc01577

Dsc01569

Dsc01573_2

Dsc01574

Dsc01580_3

Dsc01582_2

Dsc01582_4

Dsc01583_2

Dsc01588

Dsc01587_2

Dsc01604
Dsc01605_2
Dsc01606

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!