ファッション・アクセサリ

2013年11月16日 (土)

スキンケアチェック?とファッションチェック!

先週の同窓会で、中学・高校と一度も

同じクラスになったことがないのに、

初めて話しかけてくれた同級生がいた。


驚いて、

IBMの元社長が盗撮で警察に逮捕された話とか()

腸炎の話とか愚にもつかないことを一方的に喋った。


席に戻ってコグちゃんに伝えると、

コグちゃんはすかさずこう言った。


「スキンケアチェックじゃないの……?!」


コグちゃんに、その同級生が

美容関係のお仕事をしていると伝えたのは、

ずいぶん前のことだったはず……


ちゃんと覚えていたのだろうか。


実に不思議な子だ(笑)コグちゃんは……

おっとり・まったりしているが、実は鋭い。


そして、月曜日からの彼女のブログには、

早速、連日にわたり美容法が公開された。


・目元や首のシワ

・口角のたるみ

・唇の輪郭がはっきりしない


これって全部私に当てはまるかも……


でも、元来、美容は嫌いではない。

 

今は応訴で多忙だから、二の次・三の次になっているが、

一段落したら、それなりに丁寧にお手入れしたい。


そして、次回は、専門家による至近距離での

スキンケアチェック(?)に堪えられるよう、

お肌に磨きをかけて参加しなければ……


そんな私は、時折、同級生たちをファッションチェックしていた。

 

ビンゴゲームで景品を取りに前に出て来た旧友たちは、

皆一様に相も変わらず若々しくて驚かされた。


パンツルックやロングスカート姿が多かったが、

そればかりではもったいない。

脚をまったく出さないなんて。


脚は出していないと太くなる。


ヒールの靴もたまには履かないと、

二度と履けなくなってしまうかも知れないから、

会合の時はハイヒールを履いた方がいいと思う。


そして、洋服は、冬ならば冬の、

厚手で上質な素材の服を着るのが

最もお洒落であろうと、

私は勝手に思っている。


冬にペラペラの素材はいただけない。


最悪なのは、お年寄りの女性が、若ぶって、

カクテルパーティでもないのに、

極寒の時期にひとりだけノースリーブを着用している姿だった。

写真で見たことがあったのだが、文字通りお寒く滑稽であった。


寒い時には、高級感と存在感のあるゴージャスな装いが、

暑い時には、涼しげで軽やかな動きやすい服装が洒脱だ。


私が好んで選び、しばしば購入し、満足しているのは、

ミスアシダあらためタエアシダさんのお洋服である。

0720

0721

丈夫で長持ちする。素材はいずれも上質。

 

個性的でありながら飽きの来ないデザイン。


お固い正統派のスーツには一部の隙もない。


ごひいきのブランドを持つことは、

女性の気分を大いに湧き立たせてくれるだろう。


私はそう思っている。

2012年5月15日 (火)

フォトギャラリー・私のこだわり「ミスアシダ」お出かけ着

ミスアシダのお出かけ着は特に好きで大切に着用している。

黒いビーズがあしらわれた白のワンピースとお揃いの黒ジャケットは、立教女学院の同窓会で着用した。せっかく気に入っていながら忌まわしい思い出があるから、以来一度も袖を通していない……

Dsc01600_2

Dsc01601

Dsc01602

Dsc01603


最も大切にしているピンクレースのインナーは、いつも、そっとボタンをかけたり外したり、丁寧に取り扱う。守ってあげたいような繊細さがたまらない。付属のスーツもラメ入りで、さり気ない豪華さを演出してくれる。120%私好み。

Dsc01593


Dsc01592


Dsc01590


Dsc01591


Dsc01595

ビーズをあしらった短めのジャケットと付属の濃紺のワンピースは、いったい何度着て出かけたことだろう。

あまりにも着やすく、あまりにも上品。

東京地裁での本人訴訟にも着て行ったほどの(笑)お気に入り。

Dsc01578
Dsc01571_3

最近お目見えしたばかりでまだ一度も着用していないグレイのスーツにも、襟元にはレースがあしらってある。

 Dsc01610_2

購入した時には気づかなかったが、表地はイタリア製と書かれていた。

写真撮影をしなければわからないところだった。

Dsc01612

Dsc01614_3

愛用品はこれからも時々撮影して残したい。

2012年5月14日 (月)

フォトギャラリー・私のこだわり「ミスアシダ」

ミスアシダには正統派のエレガンスが感じられる。

大人の可愛らしさを表現できる。

レース・ビーズ・フリルのあしらい方に嫌味がなく、さり気ない。

甘すぎず、くどすぎず、着心地の良さ、上質感が伝わってくる。

だから私はミスアシダの服が好き。

普段着として長く愛用してきたお気に入りのジャケットやスーツスカートを紹介する。不思議なほど飽きない。

もっともっとお婆ちゃんになってもミスアシダの7号を着ていたい。

Dsc01521

 

Dsc01523_4

Dsc01520_2

Dsc01572

Dsc01576

Dsc01577

Dsc01569

Dsc01573_2

Dsc01574

Dsc01580_3

Dsc01582_2

Dsc01582_4

Dsc01583_2

Dsc01588

Dsc01587_2

Dsc01604
Dsc01605_2
Dsc01606

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!