« 石を投げれば人権派に当たる?!千代田区麹町は、人権派弁護士の町-「法律事務所ヒロナカ」・「シリウス総合法律事務所」・「麹町国際法律事務所」・「リンク総合法律事務所」- | トップページ | あなたの義憤を眠らせるな!-弘中惇一郎弁護士に懲戒を申し立てた、日本最強の弁護士?!- »

2016年10月 1日 (土)

あなどれません。声なき声……-「ダーティハリー」と「キューティハニー」-

鏡の前の椅子に誰かが座っていたためしがない。

 


そんな美容院だった。

 


たまに通りかかる道に面した、うなぎの寝床のような細長い店。

 


店内に長い髪の女性がひとり。経営者だ。

 


誰も来なくていいわよ。そんな顔つきだった。

 


やさぐれたオーラをチラチラ発して強がりを見せてはいた。

 


だが私は感じていた。本当は来てほしいのでしょう?

 



独身時代の私は道楽者だった。

 


贔屓にしている美容室やエステならいくつもあった。

 


だが、たまに立ち寄ってみるのも悪くはないだろう。

 


そう思い立って入って行った。ふらりと。

 


酒場のスウィングドアを開くガンマンのように。

 


長い髪のやせた女性はさして嬉しそうな顔も見せず

 


「いらっしゃい」とゆるく言った。

 


私自身、話すのが嫌いとは言えない。

 


何よりも人を笑わすユーモアには密かに自信がある。

 


婆さんになった今では何の得にも自慢にもならないが、

 


高校時代には、文化祭の出し物を一手に任されて、校長先生を初参加させ、
卒業生を送る会のシナリオを書いて舞台に立ち、生徒会の応援演説で熱弁を奮うなど、人を笑わせることにかけては名人級と誰もが認める存在であった。

 


そんな私が年々静かになり、無口な男女ばかりを好きになっていった。

 


理由のひとつには、「ハイテンション」という名の絵から飛び出したようにせせこましく、口から先に産まれて来たような者からこっぴどい目に遭わされたせいもあろう。

 


気後れせずに入れる店で髪を洗ってもらい、ぽつりぽつりと話す女性経営者と、話したければ話し、話したくなければ黙っていさせてくれる空間に、寛ぎを感じていた。

 


Easy come easy go
の逆もまた真なのだろうか、

中々に開かない扉をぽんと開けたら一面ガラス張りだったみたいに、その女性経営者は船乗りの男性との激しい恋と、のちには包丁を持ち出したことを、静かに語ってもくれた。

 


それは、私が立ち寄ると自然に笑顔を見せてくれるようになっていた頃に起こった出来事であった。

 


女性経営者の店の名が「ダーティハリー」という名前だったとしようか。

 


彼女の店の真ん前に、「キューティハニー」といった名の、語呂も語調も「ダーティハリー」にそっくりで、しかも女性ひとりでやっている美容院が、新規開店したのだった。

 


いつものようにぽつりと女性経営者は言った。

 


「よくできるよね……

 


これ見よがしに店の前の道に面して置かれた大きな花輪や外からも気づく室内の胡蝶蘭が、太刀打ちのできない人気の差を思い知らせていた。

 


同じ立場なら私も嫌がらせとしか思えなかっただろう。

 


「ひどいね!」私も言った。

 


「ねえ……」もはや声とは呼べなかった。

 


「あの店(キューティハニー)いつかつぶれるかも知れない……」ふと心をよぎったが開店したばかりなのにそんなことある筈がないと打ち消して口には出さなかった。

 


ほどなく、当然の成り行きで、「ダーティハリー」は閉店の憂き目に遭った。

 


たまに通りかかると「キューティハニー」の店内には誰かしら客がいるようであったが一見して幼稚な店先から中を見る気にもならず、足早に過ぎるばかりであった。

 


何年か経ったある日、銀座三越前の横断歩道を歩いていると、「ベラさん」と呼び止められた。

 


見ればあの女性経営者であった。

 


「今○○〇のエステをやっているの。来てくださいね」と大手化粧品会社の名刺を渡された。

 


明るい声に安心した。

 


再会を喜び合い、手を振りながら、あちらへこちらへと別れて行った。

 


結婚していた私は、独りで楽しむことにお金を使わなくなっていた。

 


今の私はコグちゃんと二人で楽しめるような趣味しか持っていない。

 


だから申し訳ないが、独りでエステに行くことはないだろう。

 


何年か経ったある日、「ダーティハリー」の店の近くをタクシーで通過する機会があった。

 


「キューティハニー」を目で追いかけると、美容室ではない別の店の看板が出ていた。

 


「つぶれるかも知れない……」私がそう思ったのは何年か前であった。

 


それは、他人の心情を無視したやり方に嫌悪する内心の怒りの声であった。

 


心ないやり方を平気で実行することの出来る心ない者への憤りの声である。

 


声なき声の力が叶ったのだろうか?

或いはどこかへ移転しただけかも知れないが。

 

 

 

さりとて、こんな例もある。



まだ婆さんでなかった頃、私は、日本IBMと闘っていた。


巨悪や絶対的権力者と出遭い、そして闘うのは私の宿命だろうか?!


セクハラがひどい、パワハラで泣いている社員は数知れない、


聞こえのいい会社で名前だけは超一流でも、社内は乱れている、


お金に汚い、女性に汚い、


マナーはない、教養と品格に欠ける、


そんな社員が跋扈して社内の空気を汚していたことは事実である。

 


当時正社員だった私は、日本IBMというお金も力もあり、イメージも良い、何から何までまったく勝ち目のない、『外面は100点満点の巨悪』と闘い、当然の如く完敗した。

 

日本IBMの内情が露見することなど未来永劫に亘ってあり得ない。

 


いついつまでも外資系大手IT企業のトップとして「天下のIBMさん」と呼ばれ続け、社内の品の無さを秘匿し続けるであろうと諦観するしか成す術はなかった。

 


だが、「隠蔽された企業体質が明るみに出るかも知れない」と声なき声でささやき続けていたこともまた真実だ。

 


否、「IBMの悪事が社会に知れ渡りますように」と願っていたと言った方がより正確かも知れない。

 


すると、どうだろう。

 


2012年8月22日の朝、JR四ツ谷駅のエスカレーターで、日本IBM社長であり最高顧問であった大歳卓麻氏が、女性のスカート内を盗撮した容疑で逮捕されるという事件が飛び込んで来たのだ。

 



当時社長だった大歳氏と私は社内メールや文書のやりとりをしたこともあり、退職する直前には社長代理のM氏や労務のS氏と会議室に詰めて、延々4時間に亘りバトルを闘わせたこともあった。

 


トップであった当時から大歳社長に盗撮癖があったとすれば、社内に蔓延するハラスメントを伝えたところで見て見ぬふりをされるのが自然であり、組織が浄化されなかったのは当然であり必然であったと言えるのではないか。

 


声なき声から10年以上が経ち、IBMは今やブラック企業のお仲間入りを果たした。絶対的強者であるIBMのパワハラに怒りの声を上げて、訴訟を提起する社員たち(弱者)は増え続けている。

 



巨悪や絶対的権力者に対する小さな声なき声が無駄になることは決してない。

 


たとえ今はどうにもならないとしても、今、直面している絶対的権力者のズルさ、汚さ、醜悪さについて確実に知り得ているならば、狡智に長けた権力者とそれに群がる家族や配下、権力者から目にかけてもらって、仕事のおこぼれにあずかろうとする情けない腰巾着どもの実力の無さや汚さを知る人たちも確実に増えていくこととなる。

 


そして、いかに悪知恵を駆使しても、馬脚を現す日がやって来るかも知れない。

 


権力を利用したあからさまな不正行為。

 


ばれることのない裏工作。

 


証拠の取れない露骨な密談。

 


水面下での密約等など、

 


さまざまな悪巧みを積み重ねて、

 


向かうところ敵なしの仕組を構築している、

 


笑いがとまらない者たちは、


今日も枕を高くして眠っている。

 


それでも「待てば海路の日和あり」という言葉を信じよう。

 


ダーティな権力者らに対して、

 


何の力もない者の、小さな、声なき声が、

 


天罰となって下る日も来るかも知れない。

 


だから、今、私は、内心こう思っている。

 


「父親の死後、あの…つぶれるかも知れない」と。

« 石を投げれば人権派に当たる?!千代田区麹町は、人権派弁護士の町-「法律事務所ヒロナカ」・「シリウス総合法律事務所」・「麹町国際法律事務所」・「リンク総合法律事務所」- | トップページ | あなたの義憤を眠らせるな!-弘中惇一郎弁護士に懲戒を申し立てた、日本最強の弁護士?!- »

天野ベラの人生論」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!