« 最も醜悪な弱者イジメの言動 | トップページ | フォトギャラリー「束の間の夏休み」-お墓参りと軽井沢とオリンピック観戦- »

2016年7月29日 (金)

ボケもんによる揶揄と自民党都連の恫喝文書に,「頑張れ小池百合子さん!」と思わず檄を飛ばしたくなる人情

三つ巴の乱戦が展開されている東京都知事選。

 


注目していると,都議会のドンと呼ばれる人物,

自民党東京都連・内田茂幹事長にぶち当たった。

 


その内田茂氏なる人物が,元都議会議員の故樺山卓司氏を

自殺に追い込んでいたことが同氏の,のし袋に書かれた

遺書から明らかとされた。

 


2011年7月1日未明,自宅でポリ袋をかぶって自殺した

元都議会議員である故樺山卓司氏(享年61)の遺書が,

自殺から1年後に同氏の妻の部屋から見つかったという。

 


https://twitter.com/inosenaoki/status/753239596608073728?lang=ja

 

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/185668

  


内田,許さない。人間性のかけらもない。来世で必ず報復します

 


の文字が痛々しい。

 


同氏の妻は,

 


議会で内田氏に逆らった夫は,都議の集まりの中で嫌がらせ的に罵倒されたり,議長になれたのにならせてもらえなかったり,いじめ抜かれた

 


内田氏は私利私欲のために自分の配下を作り,思い通りの都政をしている。

 

でもそれは民主主義ではない

 


などと自殺の2年前から,遣る方の無い憤懣を毎日のように語るようになったと伝えている。

 


小池百合子氏の応援に立った同氏の妻は,

 


「今回の都知事選でも自民党推薦の候補のバックには内田さんがいる。これが続くとどうなるか分かりますか」

 


と声を枯らして訴えたそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160728-00000170-sph-soci


私は,特段小池百合子氏を応援している訳ではなかった。

 


だが,
自民党都連が告示前に手回し良く,

 


「党推薦候補以外の立候補者つまり増田寛也氏以外の立候補者を支援した場合には親族も含めて除名を含めた処分とする」との文書を配布した時点で,

 


嫌悪感が走った。

 


そうまでして……と嘆息させられたのだ。

 


ちなみに「そうまでして……」とは,

 


私の人生におけるキーワードである。

 


党推薦以外の立候補者を支援した場合には,親族も含めて除名処分とする行為。

 


これの一体どこに民主主義が,自由があるというのか。

 


これこそがファシズムであり,巨悪の典型と言えよう。

 


政党とは一線を画した候補者独自の政策実行が不可能と思われる,沈香も焚かなければ●もお出しにならないような与党推薦候補を都知事にして,思い通りに動かし,従前どおり都政を牛耳り,少しでも長く生き永らえようとする,出し切れない膿の如き都議会のドンの魂胆が,恫喝的な配布文書にも浮上している。

 


さらには,政治の世界から引退した筈のご隠居老人までが「ボケもんGO」とばかりに暑い中をわざわざ出て来られて,「厚化粧」「大年増」との実に陳腐なオジサン的発言で,マスコミをにぎわせている。

 


小池百合子氏が掲げる公約や政策そして過去の実績や失敗などがあれば,それについて鋭く言及するのはいい。

 


だが,それらのいずれでもなく,一女性としての外見や年齢を揶揄するに至っては,増田氏の応援でもなければ,かつて東京都知事だった者の演説でもない。

 


このご老人は「男の粋な生き方」なる著書を上梓し,


「タフであれ。優しくあれ。」と,まるで亡くなられた


高倉健さんであるかの如きカッコ良過ぎるメッセージを


男性諸氏に贈っている。

 


ところが,実際に出て来て言うことはこれかと,失望させられた聴衆も多かったのではないだろうか。

 


これは,自らの発言を意識する力,認知する力が鈍っているとしか言えない有様であり,己の口から流れ出たよだれに気づかず拭うことも出来ないようなものであって,最早ボケもんと言わざるを得ない。

 


つまりこれは「失言」と言うよりむしろ「粗相」と言った方が近いだろう。

 


権力を有するか過去に有していた男性が一匹狼としてではなく

徒党を組んで対抗する者を排除しようとする意地の悪い言動を

ここまであからさまに見せつけられては,

 


同性として,弱者であり,孤軍奮闘している小池百合子氏に,


「頑張れ」「負けないで!」と檄のひとつも飛ばしたくなる。

 

それが人情というものであろう。

 


人情に加えて小池氏の「今日は薄化粧で来ました」


笑いをとって聴衆を沸かせた神対応をお見事と感じた。

 


怒りを笑いに変換する機転は,知的魅力に富んでいる。

 


この発言で私は小池氏を見直した。

 


まさにピンチはチャンスであり,暴言を逆手に取った切り返しが奏功した。

 


小池百合子氏は器用な生き方の出来るタフな女性だから,組織票によってたとえ増田氏が当選したとしても,さほど落ち込むこともなく切り替えて次の目標に向かって邁進するに違いない。

 


だが,生真面目過ぎる人間,繊細な神経を持ち精神的に脆弱な人物に,ピンチをチャンスに変え,暴言を逆手に取る器用な生き方を期待することは,無理な相談である。

 


だから独りで苦悩し,とことん思い詰めて,やがて身体を壊してしまう。

 


既に述べたとおり,元都議会議員・故樺山卓司氏の遺書には,

 


「内田,許さない。人間性のかけらもない。来生で必ず報復します」

 


とつづられていた。

 


この心情やお気持ちを私はよく理解することが出来る。

 


だが,61歳という尊いお命を,自ら絶つくらいなら,

 


来世などない。今しかない。と冷静に判断して,

 


なぜ許さないのか,

 


どこに人間性のかけらもないと感じたのか,

 


それらを具体的かつ克明に書き残すか或いは

動画にしてでも世間に伝えるべきであったのにと

悔まれてならない。

 


無念を抱えながら亡くなられた方々のご遺志は

すぐには理解されず,長いこと闇に葬られるだろう。

 


だが,いつの日か,きっと,

 


「許さない」と悔しい思いをこらえながら亡くなられた方の言葉が,

 


「人間性のかけらもない」と大声で言ってやりたかった無念の声が,

 


「来世で必ず報復します」としか書けなかったか弱い最期の文字が,

 


真実とわかってもらえる日が,日の目を見る時が,

 


必ずやって来ると信じたい。

 


自民党東京都連・内田茂幹事長
のプロフィールには,

 


内田茂氏が政治家を志したきっかけ前篇・後編が公開されている。

 


そして政治家こそがその制度を確立し,困った人を救えるのだと。

 

これが,私が政治家を志す切っ掛けとなったのです。」

 


私は政治家として千代田区を良くすることで恩返ししようと決めました。」

 


それでも『困った,どうしよう』ということは,どこの誰にでも起きうるのです。私はそんな時,本当に支えることのできる制度を東京に根付かせたいと思っています。」

 


http://uchida-shigeru.com/profile/

 


政治家として,困った人を救う,恩返ししようと決めた,

 


「困った,どうしよう」という人を,本当に支える制度を東京に根付かせたい,

 


政治家として,こうした言葉を堂々と公開している内田茂氏が,

 


実際には,他の都議を困らせ,どうしようと深く苦悩させて,

 


憤りの遺書を残して,自殺にまで追い込ませていたとすれば,

 


内田茂氏の公言は画餅であり,きれいごとに過ぎないのではないか?

 

同氏のプロフィールには「昭和14年3月15日生まれ」と公表されている。

 


したがって,内田茂氏の星座は「うお座」である。

 


ちなみに,「うお座」の性格鑑定には,こう記載されている。

 


3
311日~320日生まれの人は火星に支配されています。

  
特に二面性をもちとても神経質なタイプです。

  
自分の身を守るため嘘もつけますし,裏工作をしたりする傾向もあります。

 
https://welq.jp/14453

 


二面性を持ち,

 


保身のために嘘もつき,

 


裏工作をしたりする傾向もある,

 


そんなうお座の内田茂氏が,

 


未来永劫,上に立ち続けていたいのであれば,

 


鑑定に描かれた悪質な側面が顔を出さぬよう,

 


政治家を志したきっかけを忘れず,

 


困っている人たちを救うために粉骨専心すべきであろう。

 


私はそう思っている。

« 最も醜悪な弱者イジメの言動 | トップページ | フォトギャラリー「束の間の夏休み」-お墓参りと軽井沢とオリンピック観戦- »

ニュース」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!