« 知ることが、破壊力を弱める、一助となる -できないものはなにもない人たち- | トップページ | 妻への信頼感を、夫である人物は、こう表現した »

2016年2月 9日 (火)

今はどうしているのやら

人生という名の交差点で、思い出すたびに心が輝く人生のご褒美ともいうべき格別の出会いがあった。

 


今夜はその片鱗紹介しよう。



それは山咲千里さんとの思い出だ。

 


現在は関西でモデルさんをしているのかな? 

 


独身時代の私が出会った千里ちゃんは女優さんであり「キレイの魔術」という美容本を出版したエッセイストでもあった。

 


著書のタイトル通り「キレイ」と書かれたシルクのスカーフに魔術師が息を吹きかけて完成させたイリュージョンのようなおんなのひとで、肌は上質のコピー用紙より白く、脚の形も、歩く姿も、何もかも「洗練」と同義だった。

 


千里ちゃんに「美は最も素敵な権力」と感じた。

 


その昔、真
っ赤なポルシェに乗せていただき三田の超高級マンションにも遊びに出かけた。カラオケを熱唱しポロを観戦した。今は無き「シュノンソー」「西洋膳所ジョンカナヤ麻布」など伝説のレストランを訪れてはゆったりと会話しお食事を楽しんだ。

 


私が千里ちゃんに最も魅かれた美点は、彼女の真面目さ、真剣さ、向学心である。

 


ご承知のとおり私は生真面目だ。むしろ「●●真面目」と言うのが相当であろう。

 


千里ちゃんは義理がたく、ちょっとしたことをして差し上げただけでも喜ばれた。

 


しかもそれをちゃんと覚えていて、感謝の気持ちとともに喜びを文章にして、まめに、きちんと、贈っても送ってもくださる恩義を感じ取れる「義」の一文字を携えた女性だった。

 


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9

 


しかもあんなに忙しかったのに、いつもおっとりはんなりとして静けさと落着きが感じられた。

 


そこもとっても好きだった。

 


今夜は2011年10月の主人のコグちゃんブログから「美しい言葉・醜い言葉」に掲載した若き日の千里ちゃんからいただいた手紙をご高覧ください。

美しい写真も見ることができます。

 

http://kogchan.asablo.jp/blog/2011/10/16/6157925

« 知ることが、破壊力を弱める、一助となる -できないものはなにもない人たち- | トップページ | 妻への信頼感を、夫である人物は、こう表現した »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!