« 本当に加害者?!-近隣トラブルには、仕組まれた組織的ハラスメントを視野に入れた捜査が必要- | トップページ | 天野コグちゃんがブログを更新しました。 »

2015年11月20日 (金)

発言撤回は自己保身から?-オスカー・ワイルドの寓話・「王女の誕生日」における、心無い発言や文章についての考察-

「自己保身」とは:「自分自身利益身分などを守ること、を意味する表現。特に、社会的地位や名誉や経済的利権などに関した自分自身利益を守る態度のことを指す。」

 


http://www.weblio.jp/content/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%BF%9D%E8%BA%AB

 

 


発言や文章は、常日頃からの考え方や思いの表出である。

 


「18日に開かれた茨城県総合教育会議で『妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う』『茨城県では減らしていける方向になったらいい』などと発言した県教育委員の長谷川智恵子氏(71)は19日、『障害のある方やご家族を含め、多くの方々に多大な苦痛を与え、心からおわび申し上げます』とのコメントを出し、発言を撤回した。」

 


自己保身から発言を撤回したと思われるが、障害者のことを、特に、これから産まれようとしている命を、名もなき胎児であるというだけで人としてとらえず、手がかかり、お金のかかる何かととらえていた事実は否めない。

 


たとえ何不自由ない健常者として産まれたとしても、不慮の事故や災害で障害を持つようになる人もいる。遺伝子による突然変異だってあるだろう。

 


そんな人たちに対しても、銀座日動画廊の副社長で、茨城県教育委員の長谷川千恵子氏は、手がかかり、お金がかかるから、減らした方がいいと言えるのか。

 


運命によって、障害を抱えて産まれ育ってきた人たちは、自分が人の手を借りて、お金を費やしてもらいながら生きていることを自覚し、誰よりもよく知っているに違いない。

 


障害を持った人を助け、お金をかけている人には、当然ながらご苦労がある。

だが、障害を抱える当事者たちの方が困難で辛いことも明らかであろう。

 


障害者も健常者も、どちらも、何の罪もなく自然に産まれてくる人間である。

 


だからこそ、社会的影響力を持つ茨城県教育委員の立場にある長谷川氏の発言は、日動画廊関係者のご家族並びにその親族に、障害者が産まれなくて良かったと発言したことと同義であり、「減らせる方向になったらいい」との発言が、多くの人々の傷口に平然と塩を塗り込む心無い発言であったことは確かである。

 


宮廷内に存在する光のあたらない人々の姿を忠実に肖像画として描いたスペインの宮廷画家・ベラスケスの絵を、日動画廊に飾ってはどうかと言いたくなる。

 


つくづく手に負えないと思えてならないのは、他者の不幸、病、死に接して、同情も共感もできない冷淡な人々、他者の弱点や瑕疵、欠陥を他人ごととしかとらえられずに突き離し、他人ごととして追いやってしまう者たちである。

 


そうした者たちは、あたかも、自分と自分の家族には、病も死も不幸も及ばず、訪れることなどないといったおかしな幻想に囚われているような文章を平気で書くことが出来るようだ。

 


そうした者たちが他者の不幸や老い・病・死を知った時、一体どうするか?

 


いきおい、自分と自分の家族そして自分を取り巻く環境と比較して安堵するのである。

 


或る者が利用しているエレベーターに、数名の学生が閉じ込められる事故が発生したという。

 


その時、家を稽古場にしているその者は、閉じ込められている学生についての詳細が判明した時、「学生数人が閉じ込められたんですが、お弟子さんでなくてよかった」と一般公開した。

 


これは、極端に言えば、東日本大震災で発生した福島県の原発事故が、東京でなくて良かったと一般公開することと同じ、つまり、その者が常日頃から他人にとっては良くないことであっても、自分と自分の家族と自分たちの周りが被害を受けさえしなければ、公然と「良かった」と言ってはばからない神経の持ち主であるということだ。

 


その者の弟子だろうが、どこの誰だろうが、被害者は10代の学生たちだ。

止まったままのエレベーターに長時間閉じ込められれば、大人だって心細くなると思われるのに、どんなに怖かっただろう。少しでも早く不安や衝撃を和らげてほしい、当分は恐怖心を感じてエレベーターに乗れなくなってしまうのではないかなどと、他者の立場に思いをめぐらし、現在の心情を忖度し同情を寄せる心はないのかと、憤りが全身にこみあげた。

 


又、或る者は、手の怪我で通院した先の待合席で、足を骨折して松葉杖を突いた人が雨のため外に出られず、誰かにタクシーを呼んでもらっている一部始終をじっと見ていて、「私は足でなくて良かった、あれも出来る、こんなことも出来る」と具体的に羅列した挙句、「私は大地を踏みしめて歩ける、なんてありがたいことでしょう」と、足に怪我を負って歩けずにいる弱者と比較したとどめの一撃まで加えて一般公開した。

 


不自由な足の者を目の前にして、大丈夫ですか?何か出来ることはありませんか?と気の毒に思って駆け寄るどころかこの者は、私はこんなことも出来る、こんなことだって出来るんだと書いて一般に公表し、快哉を叫んだだけであった。

 


重い糖尿病で、これ以上肥満が進むと失明するという者を前にして、誰もが驚くほど食い意地の張った者が、私はと言えば糖尿病ではないから美味しい物がいくらでも食べられる、今日はこれを食べた、明日はあれだって食べられる、私は健康でなんとありがたいことだろうと一般公開するのと同じである。

 


これは、いかなる他者の怪我や病とも、いかなる他者の不幸や困難とも置き換えが可能な文章である。

 


こうした行為に、一体何の意味があるというのだろう?


感謝の気持ちを持つことの大切さだとでも言うつもりか?


感謝の気持ちは心の中で噛みしめれば済むことではないのか?

 


「私はおばさんにはならないし、お婆さんにもならない。それが私という特別な女なの…」といったところにまでなってしまいそうで嘆かわしい限りだが、最早つける薬はなさそうだ。

 


最後に、あなたは、オスカー・ワイルドの「王女の誕生日」という話をご存知か?

 


他者の不幸、老・病・死を自分のこととしてとらえられない者は、男女を問わず、総じてこの「王女の誕生日」という寓話に登場する傲慢な王女にほかならない。

 


心臓の発作で突然死した者の訃報に接した王女は、このように告げたという。

 


これからさき、わたしのところに遊びにくるものは、心臓のないものにしてね

 


この王女の台詞、あなたの胸に、突き刺さってはこないだろうか……

 


ふとした表現から、その者が心ない人物であるかどうか、はっきりとわかる時がある。

 


きれい事が述べられていればいる程、つい顔をのぞかせた内面の醜さに、ひどく驚かされるものだ。

 


だが、そうした言葉にこそ、その人物の本音が吐露されているのである。

 


だから、これはと思う者の書き物を読む時には、心の目を光らせて、読み落とすことなくしっかりと掬い取り、正しく認識すべきだ。

 


私はそう思っている。

 


http://www.asahi.com/articles/ASHCM7GW5HCMUJHB017.html

« 本当に加害者?!-近隣トラブルには、仕組まれた組織的ハラスメントを視野に入れた捜査が必要- | トップページ | 天野コグちゃんがブログを更新しました。 »

ニュース」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!