« 偉大な国際美人女優の名言に学ぶ | トップページ | はかなくも、たおやかな美女-川島なお美さんのご冥福をお祈りいたします- »

2015年9月19日 (土)

愛すべき瞬間湯沸かし器-塩川正十郎先生のご冥福をお祈りいたします-

塩川正十郎先生は2004年から2010年まで関西棋院の理事長であられた。

 

そのため、主人がアマチュア七段段位を取得した2006年とアマチュア段位最高峰の八段段位を取得した2007年の授与式並びに懇親会で、二度にわたりお目にかかる栄に浴したのだった。

Photo_6


2007年は、会場が前年のリーガロイヤルホテル大阪から、リーガロイヤルホテル東京に移ったこと、さらに同ホテルにおける八段免状を塩川先生から贈呈していただいた合格者が主人だけであったこともあって、鮮明な思い出とともに、感激はひとしおであった。

Photo_8


Photo_2



記念写真をお願いしますと駆けよれば、寛大なお人柄がにじみ出てこられるように自然な笑顔で応じてくださった塩川先生だったが、過去におかれては血気盛んであらせられ、「瞬間湯沸かし器」と言われたこともおありだったという。

Photo_5


Rijichoto11_2

http://kansaikiin.jp/s-archives/pdf/20041205_sankei.pdf

 

しかしながら私は思う。

 

瞬間湯沸かし器上等と。

 

 

なぜなら、我慢することの出来ない怒り、正当な怒りであれば、早いうちに伝えるべきであって、ためこめばためこむほど汚くなると思うからだ。

 

 

怒るべきことに対しては、怒るべき時に、しっかりと形にして、その都度けじめをつけ、納得のいく形で着地させて、それから前に進んで行かねばならない、そう思っているからだ

 

 

塩川先生には損得勘定も計算も打算もおありにならなかったのだろう。

 

 

だからこそ、怒りという感情を率直に表し、心にとどめおくことなく、腹に一物なく、清々しさと温厚さを保つことが可能となり、滋味に富んだ表情で私たち夫婦にもあたたかく接してくださったのであろう。

 

 

塩川正十郎先生との二度のお目もじは、正当な怒りであれば明確に表明せよ、そう私に教えてくださったように感じられる。

 

 

このことは、腹に据えかねる感情が生じた場合は、出来るだけ早く、当事者同士で解決せよということでもあると思う。

 

 

通常は、取り敢えず当事者である相手に連絡を取り、率直な思いを伝えて、意見交換や話し合いによって問題を解決しようとするのが普通の人間であり、それが大人の考えであり、常人の態度であろう。

 

 

怒るべき時に瞬間湯沸かし器の如く怒ったとしても、後はさっぱりと忘れて、笑顔で握手の出来るような関係を築きたい。

 

 

それが出来ない人間は小さい。

 

 

自力では必要な喧嘩ひとつ出来ず、総てを他者の責任にして、お金お金と権力者を利用して抱き込み、いつでも自分は一番楽をして、他者を巻き込んで大騒動を繰り広げずにいられないような人間は、最低の屑だ。

 

 

私はそう思っている。

« 偉大な国際美人女優の名言に学ぶ | トップページ | はかなくも、たおやかな美女-川島なお美さんのご冥福をお祈りいたします- »

天野ベラの人生論」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!