« 豊かな人生経験に裏打ちされた高齢者の言論には、価値があり、信頼に値する | トップページ | 主人がブログを公開しました。 »

2015年7月24日 (金)

ラーメン屋さんと客との合意は「契約」-張り紙の「ご自由にお取りください」も「契約内容」になると知れ-

「契約」は、書面を交わさなければ成立しないと考えがちだ。

 

 

だが、書面を交わさない口頭での約束や張り紙の表示であっても、

合意(意思表示の合致)がなされていれば、「契約」は成立する。

 


私の実体験では、電話口で「今支払う」と豪語し、「おいくら」と

金額まで聞いておきながら、口先だけで支払わなかった者がいた。

 


二度と関わりを持ちたくなかった私は、督促もせずに静観していた。

 


すると、その者は、何と「支払いません」等と封筒の外側に書いた

異常な郵便物を、3か月に亘り拙宅に送付し続け、私に読むことを

強要してきた。

 


支払いについての書面を取り交わしてはいなかったが、「支払う」と

自ら宣言し、金額まで調べさせたのは、他ならぬその者自身である。

 


約束を破って支払わず、挙句の果てには、支払うと言っておきながら

内心は支払たくないばっかりに、何の意味もない不必要な郵便物を

執拗に拙宅に送りつけることによって、自らの不服や苛立ちを解消し、

日常生活を脅かす行為まで続けられることには、我慢がならなかった。

 


そこで、その者を、
契約不履行等損害賠償請求事件として提訴した。

 


気性が激しく粗暴なその者は、在日韓国人と聞いていたが、やはり訴訟代理人は、在日韓国人の権益擁護・生活安定・文化向上を達成し、
在日韓国人の幅ひろい苦悶と隘路を解決する「日韓弁護士協議会」に所属する、重鎮の弁護士が登場した。

 


「日韓弁護士協議会」のサイトには、その弁護士が1996.11.1618回済州島定期総会で表彰されたと公開されている。

 


http://www.keelson.jp/jp/jk/jk1.htm


http://www.keelson.jp/jp/jk/jk2.htm

 


しかも、過去には
自由民主法曹団幹事長を務めており、当時幹事長であった安倍首相の顧問弁護士でもあったようで、2004年には、恫喝まがいの「通告書」を、パロディー作家に送りつけたと下記のブログに書かれている。

 


http://ameblo.jp/parody/entry-11980708133.html?frm_src=thumb_module

 


私たち夫婦のお相手としては、権力の座にあらせられる、お偉い弁護士センセイがお出ましになられるようで、この時も、通常答弁書は1か月間で提出すべきところ、特別扱いで2か月間弱が与えられ、更に1か月後になって、やっと木で鼻をくくったような、上から目線の、実質的な答弁書が提出され、

 


被告が原告(私・天野ベラ)に支払うべき根拠はないものである。

 


と主張してきたのだった。

 


被告となった者は「日韓弁護士協議会」の大物弁護士がバックについていればこそ、安心して偉そうな態度をとり、大言壮語し、躊躇なく暴言を吐いて、支払を豪語していながらも、堂々と前言を翻すことができたのではないか。

 


しかしながら、司法も、時には良心に従って公正な判断を下すことがあるのか、

幸運なことに、本人訴訟で闘った私たち夫婦の主張は認められ、勝訴判決を得て、

その者は裁判所に命じられた金額を、私が指定した口座に振り込むこととなった。

 


また、下記に示すURLには、「『ご自由にお取りくださいラーメン屋でネギを大量に食べたら出禁こんなのアリ?」との表題で、ラーメン屋さんの店内表示とお客さんとのケースが紹介されている。

 


質問された弁護士さんは、


契約が成立する」と判断し、


いったん契約が成立すれば、当事者はその合意に従わねばなりません。


と回答している。

 


さらに、回答文には、


次回以降の利用を断ることはできます。ただ、その場合、『ご自由にお取りください』の張り紙は剥がすべきでしょう。できない約束を掲げて客を勧誘するのはアンフェア

とも書かれており、蓋し正論である。

 


できもしない約束を軽々しく掲げ、恩義を前借りし自らの口で何度も

約束の存在をちらつかせては、他者を思い通りに動かし、涙ながらに

必ず守りますからと誓ったりする、芝居気の強い大げさな者どもほど、

実際には約束を守らず、口を閉ざし、無視して、逃げ出すものである。

 


お約束いたします、必ずご恩返しいたしますなどと大きな口を叩いて、

繰り返し目の前で唱えて見せる者こそ要注意人物として疑ってかかる

べきであり、口先だけの人物を、決して信じてはならない。

 


人を見る場合、口先でなく、行動でとらえることだ。

 



私はそう思っている。

 


*****

 

http://www.bengo4.com/other/1146/1307/n_2941/

« 豊かな人生経験に裏打ちされた高齢者の言論には、価値があり、信頼に値する | トップページ | 主人がブログを公開しました。 »

天野ベラの人生論」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!