« 「救急医療管理加算2」の対象となる患者とは?!<シリーズその6>-「不意打ち提訴」に伴う虚言・捏造・冤罪着せが、高齢者の心身を破壊する凶器である事実を知れ!- | トップページ | 「静穏のプライバシー」を奪い、「とらわれの読み手」を強要する、心身に有害な不意打ち訴訟を止めさせよう!<シリーズその7>-聞きたくもない話を聴かされ、読みたくもない書面を読まされた挙句、「黙っていろ!」「民事的・刑事的な法的措置を講じるぞ!」と恫喝される側の「自由」と「人権」はどうなる?! »

2015年3月11日 (水)

情緒的交流不在の家族による無責任と無理解が、又ひとつ悲劇を招いた!-独身・無職・離れでひとり暮らしの中年ニートが爆発させた歪んだ欲望とは?!-

淡路島で5人を殺害した平野達彦容疑者は独身で無職の男性。


ネットの世界に没入する40歳中年ニートによる犯行だった。

 


平野達彦容疑者のフェイスブックには、「在日コリアン青年連合大阪」のサイトがお気に入りに登録されているほか韓国語のサイトも数多く登録されていた。

 


最下段にまとめて貼ったが、何が書かれているかわからず、内容も読めない、自分と無関係のサイトをお気に入りに登録することはないと思われる。

 


達彦容疑者の父親は、「息子を見たら110番を」と他人ごとの様に近隣住民らに伝えていたと報道されている。

 


一方の近隣住民らは、達彦容疑者について「全く見かけない」「記憶にない」「関心がなかった」と口を揃えて語っており、存在感の薄い目立たない人物だったそうだ。

 


おとなしくて目立たない、影の薄い人物だからと言って関心を持たないのではなく、逆に全く目立たず、外出もせず、身を隠すようにひっそりと暮らしている者こそ「何をする人ぞ」と慎重に警戒すべきである。

 


目立たない人物の中には、何としても「目立ちたい」、一体どうすれば「注目させることが出来るのか」との大それた欲望が心の中でブラックホールの様に激しく渦巻いている者が確実に存在すると思っているからだ。

 


そして、ある時、誤った方法でその大それた欲望が爆発し、思いも寄らない異常な形で急激に世間の注目を集めることがあるようだ。

だとすれば、回避させられるのは家族や周囲の愛情以外に何があるだろうか。

 


引きこもりによる凶暴な犯行は、「一度だけでも目立ちたい」「一度でいいから注目されてみたい」「誰でもいいから俺を見てくれ!」と愛に飢えた者が叫んだ悲鳴なのかも知れない。

 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00000015-nkgendai-life

>「親の愛情を感じれば子供は凶暴化しません。

相次ぐ“引きこもり”の犯行 「親が防げること」を専門家が説く

 


報道によれば、達彦容疑者の母親は離婚して家を出て行き、同居していた祖父も亡くなり、現在は父親と祖母の3人家族とのことだ。

 


しかし、父や祖母とは同居しておらず、達彦容疑者は離れで生活していたと書かれている。

 


同じ敷地内に住んでいるにもかかわらず、家族は別々に暮らしていた。

 


家族が居ながらの別居、しかもひとり暮らしと聞いて、まだ記憶に新しい悲惨な事件が浮上した。

 


それは20147月佐世保で女子高校生が同級生を殺害した事件である。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%AB%98%E7%94%9F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>佐世保女子高生殺害事件

 


成人していない高校生の、しかも女の子にマンションの一室を借りたか買ったかして与え、ひとり暮らしをさせていた保護者の神経を疑うが、裏を返せばそれだけ資産家ということであり、加害者の父親は地元の有力者と報道されていた。

 


ほどなくして父親の職業が弁護士であり、長崎県最大級の規模を擁する事務所の共同代表との事実も明らかとなったが、その父親は同年10月に自殺した。

 


http://web.archive.org/web/20140625063233/http://tokukatsu.com/lawyers/index.html

>現在では長崎県最大級の規模を擁するに至っておりますが、当事務所の代表者の一人として、我々が提供するリーガル・サービスが、地域の皆さまの法的ニーズに的確に対応出来るよう、日々努めている所存であります。

 


容疑者の女子高校生が通院していたとされる心療内科の医師は「このままでは人を殺しかねない」と両親に伝えていたと報道されていた。

 


「佐世保女子高校生殺害事件」「理化学研究所・論文捏造事件」が世間で喧(かまびす)しく報道されていた当時、私も拙ブログで意見を述べた。

 


父親を責める言論ではあるが、「このままでは人を殺しかねない」と言われたのであれば、そして、実際に金属バットで襲われた身であれば、別居をして独り暮らしをさせるのではなく、同居をして、殺人を犯さないよう細心の注意を払うのが、血のつながった父親の務めではなかったのかと無念でならない。

 


職場に「笹井氏は心療内科に通院している」との情報が迅速に伝わっていれば、
完全に防ぐことは困難であったにせよ、職場で笹井氏が単独行動をしないよう共感をこめたまなざしであたたかく見守るなど、何らかの対策を講じることが出来たのではないだろうか。



独り暮らしの女子高校生が起した猟奇的殺人。

 


堕ちてしまったエリート・笹井氏による自殺。



こうした人生最大の悲劇を防ぐための手だてがあるとすれば、前述したとおり、必要な情報を迅速に伝えて周囲に理解と共感を求め、広く協力を呼びかけることしかないのではないか。

 


http://beraamano.cocolog-nifty.com/blog/2014/08/post-265e.html

 


2013
7月山口県の集落で高齢者5人が殺害された事件についてもご記憶の向きは多いだろう。この山口の事件でも容疑者は無職で独身。ひとり暮らしの男性だった。

 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%8F%A3%E9%80%A3%E7%B6%9A%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E6%94%BE%E7%81%AB%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>山口連続殺人放火事件

 


その昔、ひとり暮らしではないが、4歳から7歳の低年齢の女児を殺害し今田勇子と名乗っていた故宮崎勤の事件で宮崎勤の部屋が放映され、慄然とした方も多かったのではないだろうか。

その部屋もまた家族とは別の離れにあった。誰の入室をも拒むように山と積まれたマンガやビデオが部屋を取り囲み、その真ん中に薄い布団が敷かれていた。

 

http://matome.naver.jp/odai/2139254006087024501

 


http://makinushi.co.jp/eboshi_web/column/index2-2.html

Cは宮崎勤連続幼女殺人事件です。別棟にいく廊下をつくるためにそれまでの食堂を削り、狭くなった食堂にはちゃぶ台代わりに4人掛けのテーブルと椅子。宮崎勤は、ゴミとして捨てられたちゃぶ台を自室に保管していました。6人家族全員で食事をしたことが、彼の楽しい思い出だったのかもしれません。

 


宮崎勤も人々の印象に残らず影の薄い存在だったという。

 


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%8B%A4

>俳優の川崎麻世は短大の同級生であるが、宮崎の逮捕時のインタビューでは「僕は記憶力が良い方だし、クラスは全部で80人ほどだったから、忘れるはずはないんだが、そんな奴いたかって感じなんだ。同級生にも聞いてみたけど、誰も覚えていなかった」というほど影が薄い存在であった。

 


最近は、孤独な心をネットで埋めている人が多いのかも知れない。

 


パソコンと携帯さえあれば在宅勤務が可能となり、成果物を添付ファイルで送り、振込や入金をパソコンで確認すれば、誰とも顔を会わせずに仕事をすることも出来る。

 


そのせいか、情にほだされやすいとされる女性でも、冷淡で、表情に乏しく、他人の心の動きに鈍感な柔和さに欠けたドライな人間が増えつつあるように思えてならない。

 


ネット社会への移行に伴い人を相手にしなくても済むことが多くなった。

 


検索すれば簡単に知識が得られ、その得た知識を、誰にという相手もなく、何かのためにという大義名分や目的もないまま、その場で目についた情報を一方的に発信しているうちに、一日を終える者もいるだろう。

 


だが、貴重なのは生身の人間に接して、顔を見ながら交わす、情動を伴う活き活きとしたコミュニケーションであろう。

 


家族や配偶者を相手に、泣き、笑い、怒り、苦しみ……


一緒に高邁な映画、娯楽のテレビ、スポーツの試合、やりきれないニュースを観て、涙を流したり、胸を打たれたり、歌手の歌真似をしたり、踊りを踊って見せたりして相手を笑わせたり、笑わせられたり、動物や鳥たちの何とも愛らしいしぐさや、餌を食べているあどけない、純粋な、無心の様子を、そっと手をつないで眺めてみたり……


客人が来るからと一輪挿しにお花を飾ったり、


美味しかったから、綺麗だから、あの人にあげたいね、贈ろうか?

一緒にこのお店に来たいわ、誘ってみる?と誰かの顔を思い浮かべたり……

 


血と肉と涙のある人間を介して、少しずつ養われ、徐々に豊かになってゆく情緒面の発達が、無機質で角ばったパソコンやスマホ等のマシンを経由して、いち早く、てっとり速く、簡単につながることだけが可能なネットの世界に傾倒することによって、どんどん置き去りにされていくようだ。

 


着る物や食べ物、住む場所など衣食住に興味も関心も持たず、与えられた場所で寝起きし、そこらへんに置いたままの布きれも同然の衣服を身に付け、或いは起きたままのジャージ姿で、顔も洗わず、髪も梳かさずに外出し、コンビニのおにぎりやカップラーメンで空腹を満たし、後はパソコンの前に座わって片手でスマホを操作するような生活において情緒を育むのは困難を極めるだろう。

 


拙著「ルサンチマンは女の宿痾」を執筆するきっかけとなった2004年の事件、すなわち佐世保で小学校6年生の女児が同級生を殺害した事件でも、加害女児は情緒的な交流の乏しい家庭で育ったという

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E5%B0%8F6%E5%A5%B3%E5%85%90%E5%90%8C%E7%B4%9A%E7%94%9F%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

>加害女児は、両親との関係、コミュニケーションが淡白であった。入院した際に、家族が面会に来たが、その時「情緒的な交流が一切なく、世間話をしているだけだった」と関係者が語っている。

 


情緒的交流不在の地域や場所に凶悪犯罪が発生しやすく、情緒的に未成熟な者は凶悪犯罪を発生させやすいのではないだろうか。

 


だとすれば、今後凶悪犯罪は増え続けてゆくに違いない。

 


私はそう危惧している。

 

*****

平野達彦容疑者のツイッター

https://twitter.com/jichitai_net/media

 

平野達彦容疑者のフェイスブック

https://www.facebook.com/tatsuhiko.hirano.1

 

https://www.facebook.com/safeppy

국민안전처

 

https://www.facebook.com/laborkorea

노동당

 

https://www.facebook.com/pages/%EB%82%98%EB%88%94%EC%9D%98%EC%A7%91/737575483006089

나눔의집

 

https://www.facebook.com/ksaj.official

在日本朝鮮人蹴球協会

 

https://www.facebook.com/KBA.HYOGO

兵庫朝鮮籠球協会(KBA-Hyogo)

 

https://www.facebook.com/KBA.JAPAN

Korean Basketball Association In Japan

 

https://www.facebook.com/KoreanEmb.Japan

Korean Embassy in Japan

 

https://www.facebook.com/snuekorea

서울교육대학교

 

https://www.facebook.com/key.kitaosaka

在日コリアン青年連合(KEY)大阪

 

https://www.facebook.com/hyakumono

朝鮮学校百物語

 

https://www.facebook.com/pages/%EC%A3%BC-%EC%84%BC%EB%8B%A4%EC%9D%B4%EB%8C%80%ED%95%9C%EB%AF%BC%EA%B5%AD-%EC%B4%9D%EC%98%81%EC%82%AC%EA%B4%80/130660733667756

 센다이대한민국 총영사관

 

https://www.facebook.com/kculturejapan

駐日韓国文化院 All about K-culture in Japan

 

서울교육대학교전쟁기념관행정중심복합도시건설청Invest Korea세종특별자치시ColorfuldaeguGIFF 광주국제영화제Gwangju Biennale광주광역시 공식 페이스북보정의당새누리당KBS WORLD Radio JapaneseHankyoreh Japan경기도청강원도청충남도청全羅南道경북 관광Etri Newsmaker대한민국 국방부Republic of Korea Navy 대한민국 해군대한민국 공군(Republic Of Korea Air Force)대한민국 해군통일부 (Ministry of Unification)韓国観光公社VisitSeoulNational Theater of Korea식품의약품안전처우정사업본부(우체국)신통방통 (방송통신위원회)防衛事業廳국토교통부국민권익위원회박근혜 Park Geun-Hye국무총리실 (Prime Minister's Office)외교부서울경찰 (Seoul Police)경북경찰

« 「救急医療管理加算2」の対象となる患者とは?!<シリーズその6>-「不意打ち提訴」に伴う虚言・捏造・冤罪着せが、高齢者の心身を破壊する凶器である事実を知れ!- | トップページ | 「静穏のプライバシー」を奪い、「とらわれの読み手」を強要する、心身に有害な不意打ち訴訟を止めさせよう!<シリーズその7>-聞きたくもない話を聴かされ、読みたくもない書面を読まされた挙句、「黙っていろ!」「民事的・刑事的な法的措置を講じるぞ!」と恫喝される側の「自由」と「人権」はどうなる?! »

ニュース」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!