« 険しい道をまっすぐに進め!-困難な作業の継続には意味があり、必ず結果がついてくる- | トップページ | 「ほんの少しだけジュー(ユダヤ人)」と告白した池澤春菜氏-「私、ほんの少しだけジューなのですが、ほとんど何も知らない。」- »

2014年10月17日 (金)

2014年8月15日付「孤独な老紳士の備忘録」

2014年8月15日付孤独な老紳士の備忘録」をご紹介いたします。

 


*******


はっきり言って書きたくない(池澤夏樹 池澤春菜)



池澤夏樹氏は、これ以上無い、と言うくらい数々の文学賞を
受賞している作家である。日本というより世界的な文豪なのだ。


しかし、娘の池澤春菜氏との対談を読むと、知性の輝きを感じる
発言は全く見られなかった。家族に対する身びいきは割り引こう。

 

池澤春菜氏の読書感想文は、読む価値は少ないものばかり。


多読は無駄であり精読こそ価値があることを、再認識させられる。


たぶんではあるが、祖父の故・福永武彦氏のことを怪獣映画の

原作者以上のものとして認識していない(出来ない)ようだ。

祖父が福永武彦で、父が池澤夏樹であることを肩書きに入れても、

それ以上のものが無い。立派な表紙の中身は屑同然と知らされた。

 

 

とすると、これまで高く評価してきた池澤夏樹氏についても、その
生き方のモラルなどを検証すると、これは関わりあいたくないと
思わずにはいられないものだ殊に政治的な発言は不愉快そのもの。


池澤春菜氏は、いよいよ私も小説を書く、作家になる、というような

発言をしている。いよいよ私もというのは、故・福永武彦を祖父に持ち、
池澤夏樹氏を父に持つ私も、という自負心が言わせているものだ。

何ひとつ書いていないのに、日本SF作家クラブに入会を許された
自信が言わせている言葉なのだろう。
しかし、私は読みたくない。


池澤夏樹氏と池澤春菜氏の関わっているもの一切について、私は

もはや何の関心も無いことを書き付けておく。


[ 2014/08/15 11:41 ]

 


http://roushinshi77.blog.fc2.com/blog-entry-1762.html

 

« 険しい道をまっすぐに進め!-困難な作業の継続には意味があり、必ず結果がついてくる- | トップページ | 「ほんの少しだけジュー(ユダヤ人)」と告白した池澤春菜氏-「私、ほんの少しだけジューなのですが、ほとんど何も知らない。」- »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!