« 一輪挿しの花のように……-フォトギャラリー・ありがとうをお贈りする- | トップページ | オツムの足りない母親とオムツの取れない子ども-フォトギャラリー・川奈ホテルの温浴施設- »

2014年10月 4日 (土)

公にされて、困ったから、仕方なく、渋々、せざるを得なくなった、反省そして謝罪。

女社長自らが、従業員らに、反省していると、謝罪をした。

 

一見、潔いと言えば潔い行動のようではある。

 

本日4日土曜日の毎日新聞によれば、

 

「二度とこのような言動を取らないことを約束します」

 

と公言までしたそうだ。

 

だが、本当に悪かった、自分が間違っていたと感じていたとすれば、

 

誰に言われなくとも、自ら反省し、

 

ここまで長く時間をかけなくとも、

 

謝罪する機会はいくらでもあったのではないか。

 

指摘され、批判され、通報されたから、発覚したから、露見したから、

 

つまり、バレたから……

 

だから、反省し、謝罪しなければならなくなったのではないだろうか。

 

バレなければ、まったく自らの言動を恥じていなかったということだ

 

何が悪いのか、どこが間違っていたのか、

 

敢えて、自らの不勉強も、非常識も、知識不足も、誤りも、

 

そして、不適切な言動についても、

 

認識しようとせず、見て見ぬふりを通してきた結果であろう。

 

女社長として、今後の商売のため、世間体を良くするため、

 

必要に迫られて、取らざるを得なかった措置であり、

 

心が伴わない、うわべだけの言葉で取り繕った

 

付け焼刃のお約束であったとすれば、

 

その約束は守られることのないまま、

 

似たような言動を、何度も繰り返してしまうだろう。

 

私にはそう思えてならない。

 

<「たかの友梨」社長>謝罪…社員に圧力 現場の仙台店訪れ

毎日新聞104()190分配信

 

 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を運営する不二ビューティの高野友梨社長が、労働基準法違反を内部通報したエステサロンの20代の女性社員に圧力をかける言動をしたとされる問題で、同社は4日、高野社長が従業員らに謝罪したことを公表した。

 同社によると、高野社長が同日、現場となった仙台店を訪れ「労働コンプライアンスに対する知識や意識が未熟だったからであると深く反省しております」と謝罪した。また、「労働基準法違反を容認している、ないしは、組合活動に圧力をかけるというような気持ちはありませんでした」と弁明し、
「二度とこのような言動を取らないことを約束します」と説明したという。

 この問題は、今年5月に仙台店の女性が労働組合「エステ・ユニオン」に加入し、不払いの残業代の支払いなどを求めた。高野社長は同店従業員を集めた8月の食事会で、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたと、同労組などが指摘していた。【東海林智】

 

http://mainichi.jp/select/news/20141005k0000m040021000c.html

 

たかの友梨:通報者に精神的圧迫 女性社員が保護申告

毎日新聞 20140828日 2150

(最終更新 0828日 2245分)

 エステサロン大手「たかの友梨ビューティクリニック」を経営している「不二ビューティ」(本社・東京都渋谷区)が給料から違法な天引きをしているなどと労働基準監督署に内部通報したところ、長時間の詰問など精神的な圧迫を受けたとして、仙台市内の店に勤務していた宮城県の女性社員が28日、厚生労働省に公益通報者保護の申告をした。加入する「エステ・ユニオン」も宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てた。

 

 申告書などによると、女性は5月に同社に労組の結成を通知、給与からの制服代の天引きや未払い残業代の支払いなどを求めて団交を重ねたが解決せず、労基署に違法な状況を申告した。仙台労基署は8月5日に違法な給与の減額分の支払いなどを命ずる是正勧告を行った。

 

 労組がこの経緯を公表しようとすると、店を訪れた高野友梨社長が全従業員を集めて食事会を開き、女性を名指しして「(労基法通りにやれば)潰れるよ、うち。潰してもいいの」などと述べたという。

 

 女性は職場に行けない状況が続いているといい「幹部に囲まれ名指しで非難され、恐怖以外のなにものでもなかった。公益通報者にこうした攻撃は許されない」と話している。

 

 同社は「詳細は承知していないが、当社としては不当労働行為とされるような行為はしていないと認識している」としている。

 

 公益通報者保護法は、事業者の法令違反を通報した人に対する解雇や降格などの不利益な取り扱いを禁止している。【東海林智】

 

http://mainichi.jp/select/news/20140829k0000m040095000c.html

 

« 一輪挿しの花のように……-フォトギャラリー・ありがとうをお贈りする- | トップページ | オツムの足りない母親とオムツの取れない子ども-フォトギャラリー・川奈ホテルの温浴施設- »

ニュース」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!