« 言い訳をしながらの仕事はどこかに無理がある。 | トップページ | 公にされて、困ったから、仕方なく、渋々、せざるを得なくなった、反省そして謝罪。 »

2014年9月28日 (日)

一輪挿しの花のように……-フォトギャラリー・ありがとうをお贈りする-

まず、久々に、コグちゃんの写真をご覧ください。

 

私の選んだ赤いシャツが似合います。

 

Dsc055911

さて……

 

退院から少し日が経ち、好ましく思う知人たちに、病気のご報告をした。

 


外見も、文字も、内面も、美しい知人から真っ先にお見舞い状を頂いた。


綺麗なカードに、優しく可愛らしい言葉たちが、おっとりと並んでいた。

 


誠意にお応えして、彼女にぴったりの美し過ぎるカードに御礼を書いた。

Dsc05599

Dsc05597

 

他の知人からもお見舞い文が届く。


近況報告のつもりが、ご心配をおかけしただけで申し訳ない。

Dsc05596

Dsc05600

消息の途絶えていた知人が気になって、

以前のお勤め先に連絡をしてみた。

 


伝えておいた番号に早速電話があった。

手が離せず、翌日掛け直し、何十年ぶりかで話した。

 


嬉しくて大きな声になった。よく笑わせた。知人もよく笑った。

連絡してくれてありがとう、楽しかったって言ってくれた。


社交辞令ではなさそうだ(笑)。

 


これから訪れる寒さにめげず、できれば年内にお会いしたい。



白髪でダンディな、素敵なお父さん、

すっごく綺麗なお母さんだったよね。


知人は、そうも言ってくれた。

 

両親についてはよくお褒めにあずかる。

私にとって何より嬉しい言葉の贈り物。

 



どちらの知人も、「群れていない」。

 


わかりやすく言えば、「つるんでいない」女性たちだ。

 


派閥
にも、軍団にも、グループにも入っていない、無所属の女性がいい。

 


退廃的で目つきのキツい不良グループ……でも、あの人とは話してみたい。


いつも組織ぐるみで行動するボス猿軍団……あの人とだけ会いたいのに。


などと思うことが、私にはよくある。

 


だが、そうしたラブコールが実を結ぶことはない。

女性の一本釣り(?)に悉く失敗して来た私が言うのだから間違いない。


女性の結束はどんな岩よりも固いからだ。

 


大勢の人々に祝福され、神の前で永遠の愛を誓った結婚相手の男性とは

気軽に別れられるのに、小学校時代から一緒にトイレを往復し合った仲の、

まさに連れ合い女子との関係は、永久に続く。

 

これが私には永遠の謎だ。


群れず、つるまず、皆に等しく同じ態度のとれる女性がいい。

 


ケータイやパソコンのメールで済まさず
手書きで手紙の書ける女性がいい。

 


手間暇をかけて、丁寧に手紙を書いている女性の姿には、

落ち着きと品位が感じられる。

 


昭和の時代には、手書きの手紙がよく似合う、風情のある女性が多かった。

 


一輪挿しにそっと活けられた花のような……

 

Dsc05603

« 言い訳をしながらの仕事はどこかに無理がある。 | トップページ | 公にされて、困ったから、仕方なく、渋々、せざるを得なくなった、反省そして謝罪。 »

天野ベラの人生論」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!