« 「2012年9月に突然に癌の宣告を受けた」との情報は正しいか?!日本秘書協会・最高顧問・石川愛氏は、日本秘書協会・「2014年新春の集い」に参加出来るのか?! | トップページ | 小人物の愛はどこまでいっても自己愛。-故・淡路恵子さんの一途な愛情に寄せて- »

2014年1月22日 (水)

冬が嫌いになってきた

冬が好きだった。

それはきっと若かったからだろう。

 


冬に亡くなる人は多い。

ここまでの寒さはとことん体に悪い。

 


ご葬儀に出かけるのも、体調によっては

大袈裟ではなく、時に命がけの行為となる。

 

 

 

 

 

亡くなられる前の年の冬に、植木等氏が、鼻に酸素吸入器のチューブをつけられたまま、

喪服一枚で青島幸雄氏のご葬儀に参列された姿をテレビで見た私は、

こうした場合の不義理は許されるのではないか……と強く感じたものであった。

 


人間も冬眠できればいいのだろうが

大人たるもの雑用もあってそうはいかない。

 


年末年始を伊豆の家で過ごしたコグちゃん(主人)と私が

 

 Fuji20140106


東京に戻って来て見つけたのは、年賀状をお出しした後の

友人から届いていた、ご家族の急な訃報を知らせる葉書であった。

 


訃報を書いたり、出したりする時の、抜け殻の如き喪失感を

実体験から知っている私は、小さな紙から目を離せなくなり、

身を切られるような胸の痛みとともに座り込み沈思黙考する。

 

 

ただでさえ凍えそうな季節、心にまで木枯らし吹きすさび

激しい吹雪を舞い上がらせるのは、あまりにも酷であろう。

 


極寒の冬にご家族を亡くされた方々には、特に、

お身体に気をつけて、ゆっくり、ゆっくり、

少しずつ、徐々に、無理なく、元気になってほしい。

 


何か少しでも食べて、飲んで、お身体を力づけてほしい。

 


そして、急な訃報を受け取った方々には、

ひと言でいいから、一行でいいから、

電話でも、手紙でも、メールでもいい。

 


どうか、

ご家族を亡くすという人生最大の悲しみに

見舞われた方に言葉をかけてあげてほしい。

 


あなたに温かい血が流れていれば、

それは、ごくたやすいことであろう……

 

« 「2012年9月に突然に癌の宣告を受けた」との情報は正しいか?!日本秘書協会・最高顧問・石川愛氏は、日本秘書協会・「2014年新春の集い」に参加出来るのか?! | トップページ | 小人物の愛はどこまでいっても自己愛。-故・淡路恵子さんの一途な愛情に寄せて- »

天野ベラの人生論」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!