« クリスマスに寄せて-巧言令色鮮し仁・「奪う」から「与える」へシフトチェンジを- | トップページ | 「原告のブログ記事による法治国家への挑戦と被告ベラによる忠告」-準備書面(1)頁190~頁192より- »

2013年12月26日 (木)

日韓関係こじれて当然-「助けたことは忘れろ」と助けてくれた相手に面と向かって言える人間性に歩み寄りはない-

日本人と韓国人では物の考え方が根本的に違う。

だから、関係がうまくいかないのは当然であろう。

 


悪い在日韓国人が、その場その場の自己都合によって、くるくると、調子良く変化させる感情や表情、損得によって、瞬時に変遷させる意見や主張に対応しきれず、とてもついていけないというのが愚直な日本人である。

 


日本人は、同情し「かわいそうだ」と感じれば、相手がどこの国の人間であろうと、必ず手を貸す。「救ってあげなければ」との道義心・道徳心が強いからだ。

 


だが、私の知る悪い在日韓国人は、お世話になった日本人が、誠心誠意援助をしてくれた日本人が、まさに助けを求めているその時……恩返しするなら『今でしょ!』と内心認識していたとしても、逆に、日本人を攻撃する絶好の機会ととらえて、ここぞとばかりに背を向け、完全無視を貫くのである。

 


先ごろ、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)で、日本の自衛隊が、直接に弾薬を無償で譲渡したとされる件についても、日本の
陸上自衛隊・井川賢一隊長は、「韓国隊の部隊長から直接電話があり『韓国隊の宿営地には1万5000人の避難民がいるが、守るのは韓国隊のみで、周りは敵だらけで、弾薬が不足しているので1万発の小銃弾をぜひ貸してほしい』と差し迫った要請だった」と述べており、当時は韓国軍からの謝意も伝えられていたとされていた。

 


ところが、 
韓国国防省報道官は、24日「予備量を確保するため臨時で借りたものだ。銃弾は不足していない」と語ったとされており、さらに26日本日の会見では、経緯について、日韓で食い違う部分があると追及された報道官が、「助けたことは忘れろという言葉があるでしょう」とまで述べて、日本批判を展開したとされている。

 

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00260355.html

 


助けたことは忘れろ」との報道が多いようだが、今日(26日)コグちゃんと私がテレビを観ていた時にニュースで聞いたのは、「韓国には『助けられたことは忘れろ』という言葉がある」との内容であった。

 

http://blog-imgs-42-origin.fc2.com/c/c/e/ccee/panflash00079148.jpg

 


いずれにしても、韓国人は、「日本人から助けられたことは忘れろ」とうそぶき、日本人に対しては「韓国人を助けたことは忘れろ」と命じるのであるから、どちらに転んでも自分ばかりが得をして、恩返しなどするものかという利己的で身勝手極まりない非情な民族性を有しているということである。

 


外見が似通っているだけで、心も通い合い通じ合うと思ったら大間違いというのが日本人と在日韓国人であるとそろそろ断言しても良さそうだ。

 


そうだ、そろそろ日本人も、一部の悪い在日韓国人の『笑中に秘めた刃』や『巧言に潜む罠』について、「天野ベラのブログ」から(笑)少しは学んでくださったのではないだろうか。痛い思いをして辛いのは、何も身体ばかりではない。心をくしゃくしゃにされ、財布を空っぽにされる前に、注意をして、少しでも用心し、予防するに越したことはない。

 


なぜなら、「最悪の在日韓国人」ともなれば、忘恩や恩知らずの域など軽々と飛び越えて、恩を仇にして返す十倍・二十倍返しは当たり前。それどころか、有り金ごと奪い取ってやれと算段するふしすらあると思うからだ。

 


だからこそ、最近になって、正体や本心を見破られたくない在日韓国人は、自分が在日であることを躍起になって隠蔽するようになったのではないだろうか。

 


得になると見れば自ら「日本人ではない」ことを殊更に訴え出て大袈裟に同情を引いては優遇してもらい、支援を求めたりするが、ひとたび立場が変われば、何が何でも「日本人に見せかけたい」自我を押し通して、ご先祖様を含め民族の誇りをも欺いてはばからない精神性は、一体、誰の手によって裁くことが出来るのだろう。

 


きっと、「ウソ発見器」にかけてもダメだろう。

 


これだけ文明が開けて、科学の進歩が叫ばれているというのに、一体なぜ、人の虚偽を見破ることの出来る機械を発明することが出来ないのであろうか。

世界の頭脳と呼ばれるような科学者たちは、そうした機器をこそ、急いで世の中に送り出してほしいものだ。

 


そうすれば、在日韓国・朝鮮人の事案において、裁判官も、無罪請負人も、京都地検の女も要らなくなり、争いごとや諍いは減ることであろう。

 


「周りは在日韓国人だらけで、良心が不足し、
誠実さの欠片もないので、公平かつ公正なウソ発見器を開発して、ぜひとも東京地裁に設置してほしい」との差し迫った要請を、国連にしてみようかな……

« クリスマスに寄せて-巧言令色鮮し仁・「奪う」から「与える」へシフトチェンジを- | トップページ | 「原告のブログ記事による法治国家への挑戦と被告ベラによる忠告」-準備書面(1)頁190~頁192より- »

ニュース」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!