« 同じ事務所の売っ子後輩を踏み台にして、作品のアニメ化を要求し、主役を自分にさせろと売り込む、池澤ショーエンバウム直美氏の長女! プロダクションを差し置いて自分で営業までするみっともなさは、おねだり好きな池澤ショーエンバウム直美氏の教えか?! | トップページ | 「ドレスはなんだっていい」はウソ! 他の参加者に国内のレンタルドレス店をすすめていながら、自分は米国から1点物のドレスを取り寄せて、『馬子にも衣装作戦』で差をつけようとした、池澤ショーエンバウム直美氏の次女は、いつだって『ジブンアズナンバーワン』でなければ気が済まない、究極の目立ちたがり屋! »

2012年11月22日 (木)

池澤ショーエンバウム直美氏の長女が、ツイッター謹慎処分に! これを機会に、母親譲りのよろず屋根性を捨てて、何が何でも悪目立ち!趣味をお金に換えよう!精神から、本業で目立とう!自己啓発し、芸に精進!へシフトチェンジを!

 

直美氏の長女がツイッター謹慎処分を受けた。

「しばらく沈黙しまぁす。」と書かれているが、またすぐ出て来るに違いない。


しまぁすという幼稚で不貞腐れた書き方には反省のかけらもない。

昨日も「怒られちゃった……」と書いて、自分は正しいことを言ったのに、怒られてしまったと不満を伝えずにいられなかったようだ。

 

直美氏の長女は、4万人のフォロワーに、同情と共感を呼び掛けたが、今朝のツイートの件ですか・どんまいです・あらかわいそうに元気出してね・怒られたのですか・今朝の奴ですねw・同じ事務所の子に対して批判するなと厳重注意されたのですね・やっぱり大人には大人の事情があるんでしょうねといった5~6件のフォローしか得られなかったようだ。

 

池澤春菜@飛び出しました@haluna7

Twitter、しばらく沈黙しまぁす。皆様のつぶやきは拝見しているので、楽しいこと、素敵なことあったら教えてねヽ( ´ ▽ ` )ノ お知らせごととかは、ブログをチェックしていただければ、と思います。では。



池澤春菜@飛び出しました@haluna7

怒られちゃった……

 

直美氏の長女は、子どもの頃に母親から躾をされておらず、お稽古事で精神を鍛えられてもいない。


学校の勉強は全うせず中退。成人してからも上司や先輩から命令や注意を与えられたこともなく、兄や姉など上の立場の者から忠告されたこともないのだろう。

 

母親である池澤ショーエンバウム直美氏は、

嫌なことはしなくていい。

耳に痛い話は聞くな。

反省はするな、ただ忘れろ。

転んでもただでは起きるな。

を自ら実践することによって、娘らに示したのではないか。

 

反省とか、後悔とか、肝に銘じるとか、自分がした発言や過去の行動を心の深いところに置き、忘れずに反芻し振り返ることを、直美氏の娘たちは、まるで悪いことであるかのように考え、すぐさま蓋をして、まったく何もなかったかのように明るく、ただ明るく次の行動に移行する。



こうした自省のなさとすぐさま遊び気分に反転するしたたかさは、紛れもなく直美氏から受け継いだものであろう。

 

怒られたままでは恥ずかしい。第一私は悪くないと考えた直美氏の長女は、昨日も、直ちに気分転換を計り、勝ち組に転じようとした。


負の立場から脱していち早く笑顔になっている様子を見せつけずにいられなかったのだろう。


そして、その試みのひとつが、自ら参加を申し込み、急遽決定されたと考えられるイベントが、キノコナイトVol.2とやらであったのではないか。


このイベントは、既に25日(日曜)の開催が決定していたものだが、直美氏の長女は11月16日から、このイベントに 出たい!!と、例によって自ら名乗りを上げていたのであった。


そこで、親しくしている主催者に強引に頼み込み、急遽参加させてもらう手筈を整えて昨日決定し、主催者から告知させたに違いない。



なぜなら、昨日の朝、剛力彩芽さんについてつぶやき厳重注意を受けてつぶやくを削除させられるまで、直美氏の長女が、開催が間近に迫ったこのイベントに出演するなどとは、ひと言たりとも知らされていなかったからである。


http://twilog.org/haluna7/date-121116

@toyoda_kinoko @nekonoboris 出たい

posted at 11:46:26

 

とよ田キノ子@toyoda_kinoko

【速報】キノコナイトVol.2に、なんと声優・女優・エッセイストの池澤春菜さん @haluna7 の出演が決定しました!!どんなキノコトークになるのか、私も楽しみです!わー!

 



直美氏の長女は、感情のおもむくままに、物議を醸すような発言ばかり繰り返してでも、何としても、他人から注目されたかったのだろう。

 

それは、いかなる手段を用いてでも、人の耳目さえひければいい。と考えてきたかの直美氏の後ろ姿を見て学んだものだろう。

 

そして、直美氏の長女は、このように考えたのではないか。


多くの人たちに注目されればされるほど、自分が出演するイベントに、自分を観に来る人が増えるに違いない。


そうすれば、自分の可愛い顔を見た人たちは、過激な言動のイメージを一気に払拭して、きっと自分のファンになってくれるだろう。

 

そう考えて、過激なつぶやきや、人口に膾炙していない奇妙な料理の名前ばかりを繰り返しては、見て!! 見て!!と、注目をおねだりし続けてきたのだろう。

 

それは、直美氏の長女のフォロワーによる、下記のつぶやきからも明らかである。

 

yukiyamazaki@yukki_key

@haluna7 完璧無関係ですけど会社きてGoogleの急上昇ワードの2位にお名前ありましたよ(今3位になってましたけど

 


ストーカー事件であれ何であれ、名前さえ売れればいい、目立ちさえすればそれでいいと考えている直美氏の長女は、Google急上昇ワードの2位という栄冠を勝ち取ったと、内心大喜びしているに違いない。

 

いかに自分が仕事に恵まれないからといって、本業とは無関係なうえに、若く才能のある同業者の足を引っ張り、活動を貶めるようなつぶやきばかりを繰り返すことによってだけ世間に注目されればされるほど、みじめになるのは直美氏の長女である。

 

今回の謹慎処分は、直美氏の長女が壊れかけの声優であることにいち早く気づいた大手芸能事務所による賢明な指導であったと思う。

 

直美氏の長女には、今朝の写真のように左右の柄が違うという奇妙奇天烈なタイツを履いて集めるようなお安い注目ではなく、ボイストレーニングに通うなり、体力づくりをするなり、外国に演技の勉強に行くなり、専門家のご指導を受けるなりして自らの芸を磨き、ぜひとも本格的声優・女優としての活動において注目を集められるよう、努力を重ね、精進してほしい。

 

そのためには、まずキノコでも、お茶でも、ガンプラ(?)でも、ゲームでも、メイド喫茶でも、顔と名前さえ売れればいい、お金が稼げればそれでいいと、総ての趣味を利益に結びつけなければ気が済まないという直美氏譲りのよろず屋根性を捨て、最も肝心な本業に専心して、あとは趣味にとどめることが必要なのではないだろうか。

 

趣味の目的のひとつは、気分をリラックスさせ、転換させ、精神を高揚させてくれるところにあると思う。


総ての趣味をイベントやお教室にして、売名や小金稼ぎに換えようとせず、つぶやかなくても、人を集めなくても、お金を取るためにお茶会やイベントを開かなくても、同居している男性がいればその男性に、そして自分のために、美味しいお茶を淹れて静かに嗜む方がよっぽど精神的に豊かな時間であるに違いない。

つぶやく時間が減ったのだから、早速明日にでも試してみてほしい。

 


間断なくつぶやいていた直美氏の長女だから、今頃ツイッターの禁断症状が出ていると思われる。



つぶやきたくてうずうずし、知人らへと一方的にメールを送信し続けているに違いない。



欲求不満の長女は、明日の朝食にケーキを食べること間違いなしであろう(笑)

« 同じ事務所の売っ子後輩を踏み台にして、作品のアニメ化を要求し、主役を自分にさせろと売り込む、池澤ショーエンバウム直美氏の長女! プロダクションを差し置いて自分で営業までするみっともなさは、おねだり好きな池澤ショーエンバウム直美氏の教えか?! | トップページ | 「ドレスはなんだっていい」はウソ! 他の参加者に国内のレンタルドレス店をすすめていながら、自分は米国から1点物のドレスを取り寄せて、『馬子にも衣装作戦』で差をつけようとした、池澤ショーエンバウム直美氏の次女は、いつだって『ジブンアズナンバーワン』でなければ気が済まない、究極の目立ちたがり屋! »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!