« 池澤ショーエンバウム直美氏は、ブログに捏造記事を書いて、飢えた心を埋めるのか?! | トップページ | 子離れの出来ない池澤ショーエンバウム直美氏!「家族」とは?そして「会いたい人たちとは」? »

2012年8月14日 (火)

池澤ショーエンバウム直美氏の奇妙奇天烈なコメント欄!

自分のコメント欄だからといって自作自演や成りすましの投稿が許されるとは私は思わない。

若い人が匿名で書いている名もないブログであろうと、幼稚とのそしりは免れないだろう。

まして、池澤ショーエンバウム直美氏は、現役キャリアウーマンを標榜する60歳を過ぎた女社長であり、しかも実名で書いているブログなのだから、自作自演の疑惑が濃厚であったり、常軌を逸した投稿が見られたりすれば、誰からも軽蔑され、信頼は失われるだろう。


8月1日付拙ブログで、私は、池澤ショーエンバウム直美氏のブログのコメント欄、特に料理ブログのコメント欄に頻繁に登場しているTとMについて、TMネットワークともじり、直美氏のコメント請負人ではないかと書いた。


なぜなら、毎回直美氏から弁明や釈明の言葉を引き出したり、或いは直美氏がひけらかし足りなかった知識を追記させたりするかの目的で、直美氏の希望を叶えるかのように、タイミング良くコメントが語りかけているからだ。

http://beraamano.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ef7d.html

ところが、つい最近、尋常ならざる2件のコメントが存在していることに気づいた。

7月5日付直美氏の下記ブログのコメント欄を見てほしい。


http://blog.platies.co.jp/article/56891652.html

2012年07月05日

The Bucket List~棺桶ではなくバケツなら

この記事へのコメント

6月始めにこの言葉初めてを耳にされたときのことを書かれていましたが、その時紹介されていた映画を偶然観られたなって何という偶然でしょう!

私も観たくなりました。

日本でもどこかで上映しているかな?無理だろうな?今度海外へ行くときにフライトの上映リストを良く見てみよう!

Posted by T at 2012年07月06日 06:56

6月始めにこの言葉初めてを耳にされたときのことを書かれていましたが、その時紹介されていた映画を偶然観られたなって何という偶然でしょう!

私も観たくなりました。

日本でもどこかで上映しているかな?無理だろうな?今度海外へ行くときにフライトの上映リストを良く見てみよう!

Posted by MOTO at 2012年07月06日 09:00

せっかく嬉しいコメントを頂戴していたのに、お礼がこんなに遅れてしまってごめんなさい。この映画、私の友人はすぐに蔦屋に駆けつけてレンタルし、だいぶ楽しまれたようです。ついでにこんな情報も送ってくれました。7月13日から8月12日まで、60歳以上のシニアは1日1件に限り1本無料で借りられるそうです。シニアではなくとも、機会がありましたらこの映画もぜひご覧になってみてください。観光映画としてもなかなか楽しめます。何しろ世界各地の場面が出てきますから。ありがとうございました。

Posted by MOTO様へ at 2012年07月19日 07:07


おかしいとお思いにならないか?!

2012年7月6日の午前7時前と9時ちょうどに、まったく同じ内容のコメントが、MOTOという異なるハンドルネームで投稿され、承認され、掲載されているのだ。

しかも、偶然観られたなんてと表現すべきところ、どちらのコメントもこの言葉初めてを」「偶然観られたなって」と書かれており、「この言葉を初めて」「偶然観られたなんて」が正しいのではないかと思われるが、2件のコメントは、何と誤記さえも同じなのである。

>この言葉初めてを

>偶然観られたなって何という偶然でしょう!

ここまで不可解かつ奇妙奇天烈なコメントを、かつて私は見たことがない。

直美氏は、まったく同じ内容のコメントを2回承認したことになる。

まったく同じ内容のコメントが、違うハンドルネームで、同じ日に2回届くことなどあるものだろうか。

しかも、先に投稿して承認されているT氏のコメントは無視されており、後に投稿され承認されたMOTO氏だけに返信コメントを書いている点も解せない。

いかなる意図があるのか、何の目的なのかは不明だが、見るに堪えない代物であることだけは確かである。

直美氏は、これは私のブログだから、捏造の記事を書こうが、いかなる手段を用いてコメント欄を利用しようが構わないと思っているようだが、捏造と小細工で読者を愚弄した直美氏の独り芝居のブログならば、いくら書いても真意は読者に伝わらず空疎であろうし、いかに理解してもらおうとアピールに努めたところで、内心は風が吹くように空虚であろう。

それはつまり、実質などどうでも良いと考え、表面を飾り立て、形式だけに生きる直美氏らしいという点において、ナオミライク(直美的)な日々を綴るブログでしかないからであろう。

最後に、直美氏のブログから、T・MOTOによるコメントの表現に酷似した内容を抜粋しておこう。

何という偶然でしょう!

2012年08月07日

If there is no other option~ほかに選択肢がなければ

http://blog.platies.co.jp/article/57488606.html

何ていう啓示でしょう!

2012年07月05日

The Bucket List~棺桶ではなくバケツなら

何ていうグッドタイミング

何という笑顔

2011年11月27日

謎解きパズルの後の風景~村上陽一郎先生のお話の後に

何という広がり!

2011年10月30日

たとえカボチャの馬車だって

いったい何ていう乗りでしょうか(笑)。

2011年08月25日

水花火の夜

何という幸せでしょう。

2011年08月07日

優しい風に乗って届く手紙たち

何という明るさ!

2011年04月20日

復活の祭へと

何ていうことでしょう!

2011年04月19日

カンラカンラのジム物語

何ていう旅だろう

2011年04月17日

コキ蛙君の受難

何ていう素敵なお日様マジックでしょう。

2011年03月01日

セシリアとの再会~クイーンズタウンにて

いったい何ていうことでしょう。

2011年02月12日

みごとにパワフル「新世代ワーキングマザー」たち

何ということでしょう。

2010年12月31日

どうぞ良いお年を!

何ていうきれいなお月様でしょう。

2010年12月27日

時は流れ、今私たちはここに

何という浅はかな!何という大胆不敵な!

2010年12月17日

スカラ座報告~いつか「大人」の世界へ

何ていう素敵な試みでしょうか。

2010年12月09日

Anything goes! (何でもあり) その1

何ていう贅沢!

2010年11月02日

地中海ダイエットナイロビ会議までもうすぐ~これもまた薔薇の花びら?

何という巡り会わせなのでしょう。

2009年10月02日

霧の中に浮かぶ天空の城で

何という懐古趣味!

2010年09月18日

家の中でもまだ千鳥足

何ていう時間!

2010年09月16日

エンパワーメンター 湯浅先生

何ていうことでしょう!

2010年08月26日

新しい時計が刻む新しい時間

何ていうことでしょう!

2010年08月14日

母からの最後の贈り物

何ていうことでしょうか。

2010年04月16日

What a hospitality!~ANAに物申す

何ていうホスピタリティー!

2009年12月31日

満月にいざなわれて~どうぞ皆様、良いお年を!

何ていうきれいなお月様でしょう。

2009年08月22日

半端な芸は身をすくませる?~3つの学び

何ていう渋い取り合わせ(泣)

« 池澤ショーエンバウム直美氏は、ブログに捏造記事を書いて、飢えた心を埋めるのか?! | トップページ | 子離れの出来ない池澤ショーエンバウム直美氏!「家族」とは?そして「会いたい人たちとは」? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!