« フォト・ギャラリー-最後に残されたもの?- | トップページ | 美女になるため、必要と思われる、始めの一歩とは? »

2012年7月14日 (土)

本物の美女は救いようのない世界を救えるか?!

かなり前から君島十和子さんが大好きです。

Dsc02141

拙著「ルサンチマンは女の宿痾」(2005年)にも

素敵な女性の例として十和子さんのことを書きました。

丸善で行なわれていた十和子さんの出版サイン会の時、

この本を直接お手渡しさせていただきました。すると、

「まぁ、ありがとうございます。読ませていただきます」と

立ち上がって御礼をおっしゃっていただき、恐縮致しました。

 

 

十和子さんを好きな理由なら書ききれません。

・まず美しい女性であること

・輝く白い肌

・手入れの行き届いたロングヘアー

・華奢なのに健康的なボディ

・よく似合うお召し物を選んで着用している

・優雅な立ち居振る舞い

・丁寧で謙虚な態度

Dsc02145
・上質かつ本物のアクセサリーを身につけている

Dsc02144
・他の人の話を聞く時の真剣なまなざし

Dsc02147
・嫌味のない明るい笑顔

・美の実践者として自らを律している(正しい姿勢)

Dsc02142
・群れない、たからない、いぎたなくない

・毎日の暮らしを無理なく楽しんでいる

・これでもかといった押しつけがなくて自然体

・ご主人のことが大好きで一緒に行動している
Dsc02143_3

十和子さん程の美人なら、どんな男性とでも

 

ご結婚は可能であったろうと思うのですが、

 

地位や名誉、お金といった打算や虚栄ではなく、

 

仲良く生活できる相性の良いお相手との愛情を

 

貫かれたところも潔く、自立した大人の女性で

ありワーキング・マザーの鑑であると思います。


本物の美人を見ると、心が華やいで高揚します。

 

本物の佳人を見ると、守ってあげたくなります。

 

やりきれない事件を見聞きするにつけ、美人や

 

佳人の姿を追いかけ、救いを求めたくなります。

 

何であれ本物になるためには、時間と努力が必要でしょう。

 

整形やレーザーなど安易で楽な道ばかり求めている女性が

 

本物の美人・佳人になることは、多分一生ないと思います。

また、本物の美に触れると心が磨かれ、落ち着きが宿り、

怒声や騒動も自ずと消えてなくなると私は思っています。


神々しいまでの美女は争いを鎮圧し平和に導くからです。

 

« フォト・ギャラリー-最後に残されたもの?- | トップページ | 美女になるため、必要と思われる、始めの一歩とは? »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!