« お口直しに素敵なご家族を | トップページ | 飾らない、偽らない »

2012年1月17日 (火)

ハードボイルドな女たち

余貴美子さんは気になる存在だ。

 

昨夜のドラマを観ても、特別な存在感がある。

 

考え深い目、心と直に、まっすぐつながっているような声。

 

黙っているだけでも、ただものではない気配が漂う。

Dsc00891
「私は泣いています」という歌でヒットを飛ばしたりりぃさんが、

 

久々に銀座のママさん役で出演していて、こちらがまた渋い演技で

 

画面に緊張感を与えていた。

 Dsc00892

寡黙で、軽くはない。いい加減でもなく、底が浅くもない。

 

機が熟すまで、何年も辛抱し、培われた意志の重みが

 

自ずと伝わってくる。そういう年長女性には憧れる。

 

ハードボイルドな性格になりたいと望んでいる

Dsc00897

余貴美子さんも、りりぃさんも、いわゆる甘い容姿ではない。

 

張り詰めたような硬さや表面的な冷たさが感じられる。

 

第一線で活躍する女たちは、容姿にすら甘えを許さない。

 

軽々しい言動で他人に迷惑ばかりかけて平気でいる女は、

 

いい年をしても間抜けな顔つきをしているし、

 

嘘つきの女は、いくつになっても、つまらない自慢話ばかりを

 

油紙に火をつけたように羅列し、題材に困れば架空のつくり話と

 

心にまったく響かない付け焼刃の知識を差し挟んでやり過ごす。

 

そんな嘘つき女の虚飾と偽善に妥協することなく斬りこむこと。

 

それが私のハードボイルドである。

« お口直しに素敵なご家族を | トップページ | 飾らない、偽らない »

映画・テレビ」カテゴリの記事

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28