2018年1月19日 (金)

「虚飾で彩られたカラス」から、他者の「羽」で自分を飾るミジメさを知れ


寒すぎる冬は温泉付きの家でぬくぬく過ごすに限る。

 


読書やTVで放映されている名作映画を観るもよし。

 


NHKの年越し映画マラソンで、黒沢明監督作品を堪能した。

 



近隣には馴染みの寒椿ばかりか桜の花も顔を見せ始めている。

 


Photo

Dsc00206


Photo_2


Dsc00204


極寒の1月11日は和解のため重装備で東京地裁へと出陣!

 

Dsc00207


Dsc00208


午後6時にようやく昼食。しっかりとお腹の中から温めた。

 

Dsc00209

この日は、冤罪を着せられた中年サラリーマンと逮捕した新人警察官、そして老いた弁護士によるスペシャルドラマが放映されるというので、録画しておいた。

 

http://www.tv-asahi.co.jp/hakujitsu/#/?category=drama

 



「白日の鴉(カラス)」との題名にも関心を抱きながら視たこのドラマは、ベテラン男優陣の熱演と、冤罪を晴らす結末に安堵させられ、後味が良かった。

 

警察組織に背いて正義を貫き、信念に従って行動する良心ある主人公の勇気と、主人公の新人警察官を力強く後押しする、素朴で太い筋の1本通った先輩警察官らの姿にも心を打たれた。

 

とりわけ、犯人とされた中年サラリーマンの妻が子供にしばしば読み聞かせていたイソップ物語「おしゃれなカラス」が盛り込まれていたことは隠し味として効果的であった。


「おしゃれなカラス」で検索すると、「虚飾で彩られたカラス」のウィキペディアが見つかり、3つの教訓が明記され公開されている。

Photo_5

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E9%A3%BE%E3%81%A7%E5%BD%A9%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9

カラスがくっつけている虚飾の「羽」とは、自分以外の権力を持つ者や成功し、富を得た著名人など自分の両親・配偶者・家族(義理の両親や義理の息子、娘、元夫、元妻も含む)・友人・知人諸氏の地位や肩書、名声や財産であろうか。

 

自分以外の者の「羽」を利用して自分を飾る行為によって、私にはこんな親がついている、私にはこういう配偶者・元配偶者がいます、いました、こういった友人・知人たちと交流しているんですよ、私はこの方の推薦です、私の家にはあの方がしばしばお見えになりますなどと権力者・実力者の名を挙げ連ねて、それらの他者と自分との関係性を強調し、一方的に誇示して見せることによって、自らを同等・同格であると位置づけて、他者の「羽」で飾りつけ、偽りの権威づけ、格づけをして、自分の価値を上げ底で浮上させる謀略だ。

 

時間をかけてコツコツと積み重ねる面倒くさい工程を嫌い、地道な努力を怠り,何ごとにおいても基礎となる真の実力を養おうとせず、一足飛びに成功しようと目論む乱暴な者、権力者に上手に甘えて取り入り、べったりと依存してのし上がっていこうとする者、いい歳になってもビジュアルにばかりこだわり続けている者、そんな、中身が伴わない者に対して、

 

必死になって見栄ばかり張っていても見破られますよ

 


実力のないあなた方のメッキは必ず剥がれますからね



という訓示であろう。

 

明記されている下記の3点は、老若男女を問わず誰もが反省すべき戒めであり強く共感する。

・どんなに着飾ったり見た目を良くしても、上辺だけの嘘や偽りはなんの意味もない。


・己を受け容れ、己で努力することが大切。


・他人の力でのし上がろうと企めば、初めは良くても、後には必ず暴かれる。


それにしても、これらの教訓、いかにも私、天野ベラが記載したかのような文言ではないか?!

 

私はそう感じている。

2018年1月 3日 (水)

新年のご挨拶

明けまして おめでとうございます(戌年)。

Photo_9


夫は、庭に流れ着いた溶岩の如く動じず

妻は、に咲く水仙の花の様に凛として

Photo_5

今年も 助け愛・ふざけ愛・励まし愛ながら

Photo_6


Photo_7


Photo_8


気力と根性で困難な問題と闘ってまいります。


一度の人生に納得のいく結果を残すべく

何ごとも全力投球でベストを尽くしたい。

 

水鳥の足に似た見えない努力を重ねたい。

 

信念と情緒を大切に、真実を追求したい。

 

そんな気持ちで2018年を迎えました。

 

皆様にとって素敵な年となりますように。

2017年12月15日 (金)

「巨象に蟻の闘い」にも意味があり、「和解の積み木崩し」にもきっと意味がある


IBMの社員だった時、私は会社と闘っていた。

 

Union

 


IBMの職場環境を良くしたい。

 


IBMの中に居て、社内から改善したいと思ったのだ。

 


言うまでもなく日本IBMは押しも押されもせぬ外資系多国籍大企業である。

 


に立ち向かう蟻でしかない私は

 

鼻先であしらわれ、

時に牙を剥かれては

前足で踏みつぶされてきた。

 


砂を噛むようなやるせなさを味わいながらも、

 


「これは絶対に間違っている」

「完全におかしい」

「こんなやり方断じてあり得ない」

「汚い」「許せない」「中止させたい」

 


信じたことを言葉にして止めなかった。

 


絶対的強者のIBMに、闘いを挑み続けてきたのだ。

 


何故だかはわからないが、どうしても止められない。

 


やらなければいけない、余りにもひどい、ぜひ言わなければと

全身に湧き上がる思いは酌めど尽きず、話し合いの場を求めて

社長代理の社員2名と会議室で4時間ものバトルを繰り広げた。

 


4時間話しても話し足りないIBMの負の材料を、私は持っていたのだ。

 


現在のIBMは、「国内最大のブラック企業」と呼ばれるまでになった。

 


これは、
大企業であっても、倨傲、横暴は決して許されないという警鐘であろう。

 



http://viebeata.com/post_blackjournal/%E6%97%A5%E6%9C%ACibm%E3%80%81%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%A8%E5%AE%9F%E6%85%8B%E3%81%AE%E5%A4%A7%E3%81%84%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97/

 

http://www.asagei.com/excerpt/14769

 

https://nextstep.shogizuki.com/ibm-japan-is-evil/

 

http://biz-journal.jp/2012/12/post_1197.html

 



長年に亘りIBMと闘い続けてきた結果、

私は、最後の最期に、我が人生における同志であり

最愛の親友であり

私の家族にもなった大好きなコグちゃんと出会った。

 


さらに、非常に好ましく思う女性であり、

知性と教養があり、頭も良く、美しくもあり

お母様の教育としつけが行き届いていて

大切なことをおろそかにせず、丁寧で情操があり、

心ある親友とも、

IBMで知り合って得たご縁である。

 


だから、「私は何でこんなことをしているのだろう?!」

 


何でだろう?何でだろう?と、お笑い芸人のように

腕を交差させて回したくなるような体験をしている時、

 


その行動には、きっと何らかの意味がある。

 


そう信じて、行動を続けることが肝心だ。

 



年老いた今も、私たち夫婦は闘いのまっただ中にいる。

 

Dsc00142


Dsc00146



池澤直美氏は「和解」したいと表明するものの、実際に「和解」の意思があるかについては甚だ疑問視せざるを得ない。

 

なぜなら、第一に、最初の「和解交渉」は一瞬にして破壊されたからだ。

 

池澤直美氏と弘中絵里弁護士が、必要性もなく、相当性もなく、損害賠償金額が未確定であったにもかかわらず、密航的に強制競売を申立てており、和解交渉に入るやいなや、いきなり裁判所から、「アマノビルを差し押さえた」との通知が拙宅に届いて度肝を抜かれたからであった。

 


これは「和解」を望む者の行為とは対極の狼藉である。

 


無駄な職権の行使は見せしめであり職権濫用に値する。

 


不要な差し押さえは示威行為であり、脅しと嫌がらせ以外に何の意味もない。

 


仮に、池澤直美氏と弘中絵里弁護士の対立する当事者が、私たち老夫婦ではなく、ヤクザ屋さんや暴力団の方々であったとすれば、池澤直美氏と弘中絵里弁護士は、「一刻も早く損害賠償金を懐に入れたい」、「すぐお金が欲しい」と渇望していたとしても、ヤクザ屋さんや暴力団の方々が所有している不動産であれば、こっそりと「強制競売」を申立てておいて、いきなり差し押さえることなどできはしない。

 


対立する当事者が、何の力もない弱者であり、コグちゃんの年金で暮らしている老夫婦であるからこそ、池澤直美氏と弘中絵里弁護士は、私たち夫婦の足元を見て、無名の老夫婦である私たちの不動産を、こっそりと、差し押さえたのだ。

 


これは訴訟活動に名を借りた「弱い者イジメ」である。

 


第二に、池澤直美氏は、代理人弘中絵里弁護士の「法律事務所ヒロナカ」の預かりとはいえ、私たち夫婦が控訴審を取り下げて、第一審判決を確定させて振込んだ495万円プラス遅延損害金を既に受領している。

 


そんな池澤直美氏が、私たち夫婦が新たに提起した訴訟における次回弁論準備手続期日(和解)において、「和解金(解決金)として●万円を支払え(返金せよ)」との「新たな和解条項案」を受け入れて、一旦懐に入った金員を返金するとは考えられないからである。

 


池澤直美氏が、私たち夫婦の「新たな和解条項(案)」を受け入れるかどうか、

和解したいとの意思が本当にあるのかについては、年内に判明する。

 


新たな和解が不成立に終われば双方の和解案を一般公開する予定である。

 


なぜなら、私たち夫婦は、こそこそした隠蔽体質の人間ではないからだ。

 


最初の和解は、緒に就いたばかりのところで「積み木崩し」の如く破壊された。

 


これは「まだまだ闘いを止める時期ではない」「闘いを止めてはならない」

との、私たち夫婦への役割と使命を意味しているのだろうか?

 


「もっと闘え」「死ぬまで闘うのだ」という私へのメッセージだろうか?

 


思い煩わずとも、IBMでの過酷な体験を踏まえれば、

「ああ、あの闘いには、こんな意味があったのか」と

納得することのできる日がいつかやって来るのだろう。

 


私はそう思っている。

2017年11月10日 (金)

「元」ないし「前」の一文字を挿入して、池澤夏樹氏のウィキペディアにおける不当表示・誤情報を訂正し、正確に掲載・公開せよ-一般の閲読者に、池澤夏樹氏の「元」「前」配偶者である池澤ショーエンバウム直美氏を、「現在の」配偶者と錯誤させ誤認させる不当表示・誤情報は、池澤夏樹氏の著作権管理会社「イクスタン」代表である池澤智子氏への悪意ある嫌がらせの攻撃である-

昨日11月9日、私は、池澤夏樹氏が沖縄に単身移住した年を確認するため、同氏のウィキペディアへと気軽にアクセスした(1993年【平成5年】と公開されている)。

すると、以前には表示されていなかった

Wikipedia_20161222001_2


Wikipedia_20161222002_2


配偶者」の欄が、いつの間にか、新たに設けられていて、公開されている事実に気づいた。

しかも、その欄には、「元」・「前」の「配偶者」である「池澤ショーエンバウム直美」氏の通名が単独で表示・公開されており、「子供」・「4人 池澤春菜」と表示され、公開されている。

Https___jawikipedia_20171109001

 

Https___jawikipedia_2017110900

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E6%BE%A4%E5%A4%8F%E6%A8%B9

 


一般の閲読者が前記情報を読めば、現在の池澤夏樹氏の配偶者は、1999年7月に離婚した(乙第58号証参照)「元」・「前」配偶者である池澤ショーエンバウム直美氏であり、池澤春菜氏を含む池澤夏樹氏の4人の子供たち全員が、あたかも、池澤夏樹氏と、池澤ショーエンバウム直美氏との間に誕生したと錯誤し、誤認してしまうに違いない。

 

58_120130516_2

58_220130516_2

さらに、池澤夏樹氏が、「元」・「前」配偶者である池澤ショーエンバウム直美氏と復縁したと錯誤し、誤認する閲読者もいるだろう。


池澤夏樹氏の「配偶者」について誤った内容を表示し公開することにより、世間一般に広く誤情報を周知・徹底させる目的で、閲覧者数のきわめて多いウィキペディアに掲載していると考えられる。

 
しかも、池澤夏樹氏のウィキペディアに公開中の誤情報は、池澤夏樹氏の現在の配偶者であり、池澤夏樹氏との間に誕生したお子さん2人の母親でありかつ池澤夏樹氏の著作権管理会社「イクスタン」の代表である令夫人「池澤智子氏」(乙第232号証の1参照)の存在を、完全無視し、無きものとした内容でもある。

2321

 

https://www.voyager.co.jp/info/news/_hodo/14070102_press_release.pdf

 


したがってこれらは、単なる不当表示にとどまらず、池澤夏樹氏の現在の妻である「池澤智子」氏に対する陰湿な嫌がらせであり、悪意ある攻撃を含んだ誤情報の公開と言えよう。

 

池澤夏樹氏のウィキペディアに、当該不当表示並びに誤情報を表示し公開した者は、「配偶者」「池澤ショーエンバウム直美」(氏)の欄に、「元」或いは「前」の一文字を挿入して、「元配偶者」「前配偶者」と訂正し、再度公開し直すべきであろう。

 

私はそう思っている。

2017年10月21日 (土)

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏から,アマノビルが密航的に「強制競売申立開始決定」されてから,同決定を取下げさせるまでの,天野夫婦の活動記録(まとめ)

 天野夫婦は,第1審判決を不服として,「控訴状」を提出。第1回口頭弁論期日決定時に問われる「訴訟進行に関する照会書」に,「和解の意思あり,和解案は追って提出する」と記載して提出。しかしながら,「控訴理由書」作成に多大な時間と労力を費やし,さらに,第1回口頭弁論期日直前まで「控訴理由書の補充主張」としての資料作成のため,具体的な和解案は,提出していなかった。

 被控訴人池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の訴訟代理人弘中絵里弁護士からの「控訴答弁書」が,本来,第1回口頭弁論期日(平成29年9月20日)の1週間前(9月13日)に届くべきところ,期日の前日午後になっても一向に届かず,何と,期日の前日である9月19日のしかも,そろそろ明日の準備でもしようかという夜10時前(午後22時前)になって,ファックスで送信された。しかも,提出先の東京高等裁判所「第5民事部」を,「第11民事部」とする重大な誤記もあった。控訴審での審理は,1回で結審されてしまうことも多いだけに,控訴人天野夫婦は,急遽「控訴答弁書」に対する反論を作成しなければならなくなり,一睡も出来ないまま,取り急ぎ「準備書面(16)」を当日持参して提出することとした。

さらに,控訴審の第1回口頭弁論期日当日(9月20日)の法廷において,弘中絵里弁護士が「附帯控訴状」を提出。その趣旨は,「第1審における慰謝料の495万円を不服として,新たに605万円の増額を求め,都合1100万円の損害賠償金を請求する」というものであった。前日午後22時に,「控訴答弁書」「証拠」と一緒に「附帯控訴状」もファックスして,正式ではなくとも,附帯控訴をすることを知らせてくれるか,期日当日ではなく,期日の少し前に「附帯控訴状」を提出して知らせてくれていれば,被控訴人が附帯控訴をすることがわかり,控訴人ら天野夫婦が,反論を作成して提出することとなるから,審理が継続されることもわかる。つまり,附帯控訴について,事前にわかっていれば,控訴人天野夫婦が,「控訴答弁書」に対する反論の「準備書面16」を徹夜で作成し,心ならずも不十分な内容の準備書面を提出することはなかったのである。


 9月20日
(),控訴審第1回口頭弁論期日。閉廷後,法廷で帰り支度をしている控訴人天野妻の前に,弘中絵里弁護士がやって来て,8月28日()の不始末を謝罪。具体的には,東京地裁民事第44部合議係での「平成29年(ワ)第××××号損害賠償等請求事件」の第1回口頭弁論期日において,相手方池澤直美氏の訴訟代理人弘中絵里弁護士が,期日請書を提出したにも関わらず出頭せずにすっぽかすという事態が発生。××書記官が法廷から法律事務所ヒロナカに電話し確認した結果,急遽大木勇弁護士が,単独で出廷するとのことだったが,閉廷されることとなり,全員で書記官室に移動。駆け付けた大木勇弁護士が不参加の左陪席裁判官殿以外の裁判官殿2名に謝罪。帰り間際に天野夫婦に謝罪するという不始末があった。


 9月22日
(金),弘中絵里弁護士の謝罪によって,控訴人兼被附帯控訴人天野夫婦は,被控訴人兼附帯控訴人池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏だけが楽をして,得をし,控訴人兼被附帯控訴人天野夫婦(以下,「兼被附帯控訴人」を略。)と弘中絵里弁護士らが互いに疲弊し消耗するばかりの訴訟合戦にピリオドを打つべく,和解交渉持ち掛けることとし,その旨を第5民事部及び弘中絵里弁護士に,「上申書」としてファックスで送信した。具体的には,①弘中絵里弁護士が,訴訟資料を,次回期日前夜の10時前になって送信するなど逼迫した様子ならびに提出された訴訟資料および第1回口頭弁論期日法廷に直接持参された訴訟資料においても,容易に誤りが発見できるほどのケアレスミスの発生等の他にも,別訴において,先月8月28日の第1回口頭弁論期日当日,失念か体調不良など何らかの事情から,すっぽかして出廷しないなど,精神的・身体的に疲弊している様子が容易に看取されたこと,②一方で,控訴人天野夫婦も,いきなり本件訴訟が提起された後の平成25年5月ないし平成29年9月までの4年以上に亘り,本件への多大な応訴負担,さらに,反訴を取り下げさせられたことにより,応訴の間隙を縫って,本件原審に提出された訴訟資料における夥しい虚偽記載内容に対して,被控訴人兼附帯控訴人(以下,「兼附帯控訴人」を略。)池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏を被告とする新たな訴訟を,老骨に鞭打って提起しなければならなくなり,疲労していること,とりわけ,「控訴答弁書」が,第1回口頭弁論期日前日の夜の9時41分になって控訴人天野夫婦宅に送信され,「附帯控訴状」が提出されることを知り得ない控訴人天野夫婦が,控訴審においては僅か1回の結審もあり得るとの思いから,徹夜での不十分な反論作成による「被告ら(控訴人ら)準備書面(16)」の提出を強いられることとなり,弘中絵里弁護士が,「控訴答弁書」の提出期限である期日1週間前を大幅に無視した行為により,控訴人天野夫婦に,精神的・身体的苦痛及び多大な不利益が生じたこと,③このままでは,未来永劫に亘り,訴訟合戦が継続し,訴訟が訴訟を呼ぶ負のスパイラルに陥り,控訴人天野夫婦が,毎回同じ被控訴人訴訟代理人らすなわち弘中絵里・大木勇弁護士ペアと顔を合わせては果てしなく争いを繰り返すことにより,互いに疲弊するばかりであり,『一番楽をして,一番得をするのは,被控訴人池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏だけ』との考えに至ったため,「『訴訟進行に関する照会書』(控訴審)においてもお伝えしたとおり,当初,和解が望ましいと考えていながら,「控訴理由書」及びその補充作成に時間を要したため,提示することのできなかった和解について,訴訟外の手続において,被控訴人訴訟代理人と交渉する意向ですので,ご承知おきください。」との内容である。

 同日,控訴人天野夫婦が,弘中絵里弁護士に,和解の意向を尋ねる書面をファックスで送信。同日,「控訴人天野夫婦の和解(案)を検討する意向あり」との回答をファックスで受信。


 9月26日
(火),控訴人天野夫婦が,「控訴人天野夫婦の和解(案)」をファックスで送信。


 9月27日
(水),弘中絵里弁護士から,「控訴人天野夫婦との和解交渉を継続する。」及び「裁判所に間に入っていただいた上で,裁判上の和解を希望する。(略)天野夫婦の和解案について検討し,間に裁判官に調整をしてもらいながら,こちらの提案も示したいと思う。」との回答をファックスで受信。

その後,弘中絵里弁護士による池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏の和解案は,天野夫婦に送信されず,東京高裁第5民事部にも,和解案が提出されることのないまま,時が過ぎていった

 
 9月30日
(土),控訴人天野夫婦宅に,東京地裁民事第21部(民事執行センター)からの「不在連絡票」(特別送達)が投函されていた。


 10月1日
(日),池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの,アマノビル(土地建物)に対する,「強制競売開始決定」(特別送達)を受領

 
 10月2日
(月),控訴人天野夫が,東京地裁民事第21部開始係の××書記官に,「強制競売開始決定」について問い合わせ。「強制競売の取下げがない場合は手続が進行していく」とのこと。控訴人天野夫が,東京高裁第5民事部に架電。××書記官から「強制執行停止決定申立書」のひな形を入手して,同書面を作成し,東京高裁第5民事部に郵送(印紙1000円)。

 
 10月3日
(火),被控訴人池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの「和解案」をファックスで受信。和解条項に強制執行の取下げが含まれていた


 10月4日
(水),東京高裁第5民事部××書記官から,強制執行停止に伴う担保となる供託金額について,控訴人天野妻につき×××万円,控訴人天野夫につき××万円との電話連絡あり。

 
 10月5日
(木)平成29年(ワ)第××××号 損害賠償等請求事件(東京地裁民事第44部)の第2回口頭弁論期日において,「別件(東京高裁第5民事部)で和解があり,和解すれば,本件は取り下げられてなくなります。」と発言。これに対して控訴人天野妻が「次回口頭弁論期日(10月18日)に和解の場が設けられることは聞いておりません」と反論。閉廷後,控訴人天野夫婦が,東京高裁第5民事部に立ち寄り,控訴人天野夫が,強制執行停止に伴う事件番号を問い合わせ,「平成29年(ウ)第××××号」と聞く。控訴人天野夫婦が,現金×××万円を用意して,九段下の東京法務局を訪問。控訴人天野夫婦が,供託書に記入。現金×××万円を供託。「供託書原本」を受領して,再度,東京高裁第5民事部を訪問し,「供託書原本」を提出。午後5時半ころまで待ち「強制執行停止決定」2部を受領。「供託書原本」は返却される。

帰宅すると,アマノビル玄関ドアに,10月3日付け「現況調査実施のお知らせ」が挟まれているのを発見。「10月19日に執行官ら4名による現況調査が実施される」との記載あり東京高裁第5民事部からの「強制執行停止決定」とはまったく無関係に,「強制競売の取下げがない場合,強制執行の手続が進行していく」と,開始係の××書記官から10月2日に説明された言葉の意味を,確実に知らされることとなった。

 
 10月6日(金),控訴人天野夫婦は,東急東横線・学芸大学駅からタクシーで,東京都目黒区目黒本町二丁目26番14号所在の,東京地裁民事第21部(民事執行センター)を訪問。「強制執行停止決定」を提出。写しに受付印を押してもらった後,1階の記録閲覧室に立ち寄り,控訴人天野夫が,平成29年(ヌ)第×××号の謄写をした。その後,「現況調査実施のお知らせ」に記載されていた××執行官を訪ねたが,あいにく休暇中とのこと。応対してくれた×××事務官に,控訴人天野妻が事情を説明。翌週の休暇明けに,××執行官から電話をもらう手筈を取る。×××事務官からは,「強制執行停止が決定されたのに,なぜ現況調査が実施されるのですか?とよく言われますが,強制競売申立の取下げがなされない限り,強制執行の手続きは止まりません」とのさらなる説明あり。

 
 10月7日(),控訴人天野妻の過労により,控訴人天野夫ともども帰宅・休養。


 10月8日(日),10月19日に決定されている現況調査に備えて,控訴人天野夫が,急遽,お掃除会社の手配と,戸外に放置してあった植木の伐採及び枝を束にする整理作業等を,知り合いの業者さんに依頼。

 
 10月9日(月・祝)控訴人天野夫婦は,
10月1日(日)に,いきなり,被控訴人池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの「強制競売開始決定」を受領してからというもの,10月12日(木)を提出期限とされていた「附帯控訴状」に対する反論作成の時間が捻出できなかったことさらに損害賠償金額を確定させて支払わない限り,10月19日に決定されている執行官ら4名によるアマノビル「現況調査」を阻止する手立てがないという事態に立たされたことにより,控訴審での審理を断念。急遽「控訴取下書」を東京高裁第5民事部に郵送。

 
 10月10日(火),休暇明けの××執行官から,電話連絡のメッセージあり。天野夫が電話を掛け直して,前日東京高裁第5民事部に「控訴取下書」を郵送し,受付けられたこと並びに損害賠償金の全額を直ちに支払うことが可能である旨を話す。××執行官からは,「既に『強制執行停止決定』(担保金を供託している)も提出されているから,19日に予定した現況調査は延期する方向で,16日ころに再確認します。」とのこと。同日,天野夫婦は,郵便局から,弘中絵里弁護士に,「全額を支払うので,10月12日(木)までに振込先口座或いは受領拒否のいずれかを通知されたい」との「配達証明付内容証明郵便」を,速達で郵送

 
 10月11日(水),弘中絵里弁護士から,「内容証明郵便を受領。当方は,全体的な解決・和解交渉の継続を希望」とのファックスを受信。振込先口座については通知されず。同日,天野夫が,東京高裁第5民事部××書記官から,「担保取消申立書」及び「供託原因が消滅したことの証明申請書」のひな形を入手して,「担保取消申立書」及び「供託原因が消滅したことの証明申請書」(収入印紙150円及び1082円2組及び82円切手)を作成し,東京高裁第5民事部宛に郵送。××書記官からは,債権者池澤直美氏の同意が必要(2週間回答がなければ同意したとみなす)であること並びに裁判所の決定に時間を要するとのことで,供託金を取り戻すためには,約3週間掛かるとの連絡あり。供託金は据え置かれることになった。

同日,天野夫婦から,弘中絵里弁護士に,「翌12日中に振込先口座のご回答なき場合には供託と致しますので,ご了承ください」と明記し,「損害賠償金の振込先口座開示請求書」をファックスで送信。明日までの期限付きで,回答を求めた。

 
 10月12日(木),弘中絵里弁護士から,事務所の口座を開示するファックスを受信。

 
 10月13日(金),天野夫婦が,午前中,損害賠償金の全額を,指定された口座に振込み。同日午後,弘中絵里弁護士から,「入金を確認した。強制執行取下げ手続きを執る。」とのファックスを受信。

 
 10月14日(土),早朝8時ころから夕刻5時ころまで,天野夫が終日対応し,予約したお掃除会社から派遣されたスタッフさんらによるアマノビルの清掃が実施された。

 
 10月15日(日),天野夫を中心に,アマノビルの清掃・整理整頓等を実施。

 
 10月16日(月),天野夫が,××執行官に架電。損害賠償金の振込完了および強制執行が取下げられる予定であることを報告。

 
 10月17日(火),天野夫が,東京地裁民事第21部開始係に,強制執行の取下げについて照会するため架電。××書記官から,10月16日,東京法務局××出張所に,差押え解除通知を出したと報告される。登記上の,差押え解除の確認は,登記簿を取得すべしとのこと。同日,東京地裁民事第21部から,天野妻宛に,「強制執行の取下げによる全部の事件が終了」との「通知書」(普通郵便)を受領。

 
 10月19日(木)執行官ら4名による現況調査中止

池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からいきなり届いた「アマノビル(土地建物)の強制競売開始決定」を取り下げさせるまでのさまざまな活動について!

いきなり池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏から届いた「アマノビル(土地建物)強制競売開始決定」を取り下げさせるまでの私たち夫婦の一連の行動を、天野コグちゃんが、「声優の池澤春菜氏の母親・池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏からの訴訟」と題するサイトに公開しています。


下記をご高覧ください。


https://litigationwithnaomiikezawa.jimdo.com/池澤ショーエンバウム直美こと池澤直美氏による強制競売申立開始決定-全部終了まの天野夫婦の活動内容-2017年10月20日付/

 

2017年10月 4日 (水)

池澤直美氏から自宅を差し押さえられました。-いきなり、天野コグ・ベラの東京の家に対して、池澤直美氏から、「強制競売開始決定」の通知が届きました-

平成29年10月1日特別送達が届き、いきなり、東京の家について、「強制競売開始決定」が通知されました。

 

0007


0008


0009


0010


0011


0012


 

現在控訴審において、平成29年9月26日付けで「控訴人らの和解(案)」を私たち夫婦が提出した直後でした。

 


差し押さえをしていた事実があれば、池澤直美氏は、和解に入る前に、私たち夫婦に伝えるべきであったと思います。

 


したがって、和解継続中に、いきなり届いたこの「強制競売開始決定」通知は、まさに寝耳に水の出来事でした。

 


そこで、私たち夫婦は、「強制執行停止決定申立書」を、「強制競売開始決定」が届いた翌日の平成29年10月2日付けで、東京高等裁判所第5民事部に提出しました。

 


池澤直美氏による「強制競売開始決定」により、私たち夫婦の不動産登記簿謄本には「差押物件」と表示されることとなりました。

 


「強制競売開始決定」の書面が拙宅に届いた数日後の平成29年10月3日、池澤直美氏からの「被控訴人の和解案骨子」がFAXで送信され、交換条件として、「差し押えの取下げ(強制競売の停止)」が含まれておりましたので、和解を有利に進めるための手段とされたようです。

 


第一審の判決は仮執行宣言付でしたが、振込先の連絡もありませんでしたし、私たち夫婦は、「控訴理由書」で慰謝料の減額を求めており金額が確定していなかったため、支払っておりませんでした。

 


そもそも、住宅ローンが支払えなかったわけでもありませんから、不動産の差し押さえなどしなくても、預貯金にて十分支払が可能な金額です。

 


控訴審判決が確定するまで待てず、一刻も早く支払えというのであれば、池澤直美氏は、事前に振込先くらい提示すべきであったのではないでしょうか。

 


私はそう思っています。


*****


平成29年(ヌ)第   〇〇〇号


       定 


当事者  別紙目録のとおり

請求債権 別紙目録のとおり 


債権者の申立てにより,上記請求債権の弁済に充てるため,別紙請求債権目録記載の執行力のある債務名義の正本に基づき,債務者の所有する別紙物件目録記載の不動産について,強制競売の手続を開始し,債権者のためにこれを差し押さえる。

 なお,上記請求債権は債権者主張の金額である。

 

 

平成29年 9月20日

 東京地方裁判所民事第21部

     裁判官 小 津 亮 太

2017年10月 1日 (日)

池澤直美氏から、原審で認められた慰謝料金額を不服として、附帯控訴を提起されました-池澤直美氏から、その倍以上の、合計1100万円となる「605万円を追加せよ」との慰謝料を、新たに請求されました。-

【名誉毀損訴訟の経過報告】

 


10月になりました。

 

Dsc00023


控訴人天野コグ・天野ベラ夫婦は、東京高等裁判所・第5民事部において、 「控訴理由書」の提出期限を延長していただき、さらに第一回控訴審口頭弁論期日に至る期間ぎりぎりまで、精一杯主張を作成・提出して、つい先日、第一回口頭弁論期日を無事に終えることができました。

 

Dsc00013

Dsc00012


他方で、被控訴人池澤直美は、第一回控訴審口頭弁論期日の当日、法廷で「附帯控訴状」を提出し、原審で認められている慰謝料金額(495万円)を不服として、その倍以上の、合計1100万円となる「605万円を追加せよ」との慰謝料を、新たに請求してきました。

 


「附帯控訴」は、口頭弁論が終結するまでの間であればいつでも提出可能ですが、「
判決の告知を受けた翌日から2週間以内」に提出しなかったので、池澤直美氏自らの控訴権は消滅しています。

 


したがって
、あくまでも、私たち夫婦の控訴に「附帯」して提起された控訴ですから、仮に、私たち夫婦が控訴を取り下げれば、被控訴人兼帯控訴人池澤直美の「附帯控訴」も、その効力を失って、自然に消滅します。

 


では、被控訴人兼帯控訴人池澤直美からの「附帯控訴状」を見てみましょう。

 


「原審は、附帯被控訴人天野ベラの不法行為による損害として、附帯控訴人池澤直美に対する慰謝料350万円及び相当因果関係のある弁護士費用として35万円の合計385万円を認め、また附帯被控訴人ら天野コグ・天野ベラの共同不法行為による損害として、附帯控訴人池澤直美に対する慰謝料100万円及び相当因果関係のある弁護士費用として10万円の合計110万円を認めた。」

 


しかしながら、被控訴人兼帯控訴人池澤直美は、この金額に対して不服を唱えました。

 


そして、新たに、

 


「附帯控訴人池澤直美が附帯被控訴人天野ベラの不法行為によって被った精神的苦痛を金銭で評価するならば、少なくとも金800万円を下ることはない。また、附帯被控訴人ら天野コグ・天野ベラの不法行為によって被った精神的苦痛を金銭で評価するならば、少なくとも金200万円を下ることはない」

 


として、

 


「第1 附帯控訴の趣旨

 1 原判決中、附帯控訴人池澤直美敗訴の部分を取り消す。

 2 附帯被控訴人天野ベラは、附帯控訴人池澤直美に対し、495万円及びこれに対する平成24年11月30日から支払済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 3 附帯被控訴人ら天野コグと天野ベラは、附帯控訴人池澤直美に対し、110万円及びこれに対する平成25年1月21日から支払い済みまで年5分の割合による金員を支払え。

 4 訴訟費用は、第一、二審とも附帯被控訴人ら天野コグ・天野ベラの負担とする。」

 


との請求、つまり、被控訴人兼帯控訴人池澤直美は、原審:495万円(385万円+110万円)を不服として、追加の慰謝料金額として、原審に控訴審:605万円(495万円+110万円)を加えた合計1100万円つまり原審で認められている慰謝料金額の倍以上もの合計1100万円の慰謝料を、年金暮らしの無名の老夫婦である私たちに、請求している事実があります。

 


ちなみに、本件控訴審の小川秀樹裁判長は、


①防犯カメラ撤去訴訟を担当された原優裁判長裁判官(現
名古屋高裁長官、元法務省民事局長。2007年12月、判決を書くために、松本明敏裁判官から交代)


②本件原審を担当された佐久間健一裁判長裁判官
(元法務省大臣官房参事官。2014年7月、結審予定直前、判決を書くために、本多知成裁判官から交代)


同様、法務省幹部の裁判官。

 

③本件控訴審担当の小川秀樹裁判長は、2017年7月7日付け法務省人事において、法務省民事局長から、現在東京高等裁判所第5民事部総括判事です。

 


最後に、裁判公開の原則により、口頭弁論の公開の趣旨を徹底するために、訴訟記録(訴状、準備書面、口頭弁論調書、判決原本など一つの訴訟事件に関して作成された書面で、裁判所が保存しなければならない一切のものを綴じ込んだ帳簿
は、公開原則が規定されています。

 


詳しくは、下記の資料をご参照ください。

 


*****


  公開主義・こう
かいしゅぎ・日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

訴訟の審理および裁判をだれでも傍聴することができる場所(法廷)で行う原則

 


  秘密審理主義(密行主義)に対する用語であり、
一般公開主義とも称される。国家権力の一つである司法権の行使を国民の監視下で行うことにより、裁判の公正さを確保し、司法に対する国民の信頼を高めることに、その意義と目的がある。日本では、憲法において、民事・刑事を問わず、「裁判の対審及び判決は、公開法廷でこれを行ふ」と規定されている(憲法821項)。

 

裁判官の全員一致で、公開審理が公序良俗を害するおそれがあると決定した場合に限り、例外的に非公開審理ができるにすぎない(同法822項)。

 

ただし、この場合でも、判決の言渡しは公開で行わなければならず、政治犯罪、出版に関する犯罪、または国民の基本的人権が問題となっている事件については、すべて公開しなければならない。



 「対審」とは、民事訴訟では「口頭弁論」をさし、「裁判」とは、非訟事件と対置される訴訟事件における「裁判(判決)」を意味すると解されている(非訟事件については公開主義の原則は妥当しない)。公開主義違反の審理は、実際に法廷に傍聴人がいたか否か、判決の内容に影響があったか否かを問わず、上告によってつねに取り消されることになる(民事訴訟法31225号)。



 口頭弁論の公開の趣旨を徹底するために、訴訟記録(訴状、準備書面、口頭弁論調書、判決原本など一つの訴訟事件に関して作成された書面で、裁判所が保存しなければならない一切のものを綴()じ込んだ帳簿)の公開原則が規定されている(同法91条。同法92条では秘密保護のための訴訟記録の閲覧等の制限が規定されている)。



 なお、最近の法改正では、プライバシーや営業秘密の保護の観点から、一定の範囲で、非公開審理手続が規定されている(人事訴訟法22条、特許法105条の7、不正競争防止法13条など)。

 


法務省、民事局長に小川氏起用

2015/9/25
記事保存有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。 新規会員登録 ログイン

 新規会員登録 ログイン政府は25日の閣議で、法務省の深山卓也民事局長の後任に小川秀樹東京地裁判事を起用する人事を決めた。発令は10月2日付。

 
小川 秀樹氏(おがわ・ひでき)83年(昭58年)東大法卒、85年判事補。12年法務省司法法制部長。大分県出身、58歳。

 

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS24H51_V20C15A9EAF000/

 

http://www.e-hoki.com/affairs/535.html?hb=1

 

http://yamanaka-bengoshi.jp/saibankan/2017/08/12/hara31/

 

http://www.e-hoki.com/judge/4779.html?hb=1

 

http://www.courts.go.jp/tokyo-h/saiban/tanto/tanto/


文字サイズを変更cript:void(0)javascript:void(0)

:void(0)javascript:void(0)

vascript:void(0)javascript:void(0)


記事利用・リプリントサービス会社案内や会議資料向けなどに記事の転載・抜き刷り(有料)を希望される方は、リンク先をご覧ください。
詳しくは、こちら

 

2017年9月24日 (日)

お詫びの言葉ひとつで変わる人間関係-あなたは必要な謝罪のできる賢い女性?それとも最後まで謝罪のできない愚かな女性?-

このところ女性の謝罪会見が目立っている。

女優さんから東大法学部卒のセンセイまで。

W不倫に暴言と謝罪の理由は人それぞれだ。


もし,何らかの不手際や失敗があった場合,そしてそれを相手から指摘され,批判された場合には,時を移さずに詫びればいいことだ。

それがまともな人間関係というものであろう。



逆に私はこう問いたい。

謝れば,それで済む話ではないの?

何故,謝って,終わりにしないの?

THE・ENDにしたくはないの?

何故,愚図愚図と引き延ばすの?!

謝罪が出来ないからこそ,話がややこしくなって,捻じれ,こじれ,感情的対立が深まり,泥沼化して,悪化の一途を辿ることになるのではないの?!

一方,思いがけず誠意ある謝罪が得られた場合,心を動かされ,相手を見直して,好感を持つこともあり,自ずと早期解決に向けたはたらきかけに繋がっていくこともある。

「ごめんなさい。」

「すみませんでした。」

「申し訳ありません。」

これらは荒れた肌を優しくお手入れしてくれるエステティシャンの卓越したマッサージのように頑なさを揉みほぐして心に深く沁み入ってくる,感動を呼ぶ言葉であり,人間関係を変えてくれる効果的なマジックワードである。

なぜなら,これらは,短くてありふれた言葉でありながら,わだかまりを一気に雲散霧消させてくれる力があるからだ。

たとえ相手に対するキツイ批判の記事を公開していたとしても,否,むしろ厳しい批判の文章を公開していればこそ,その書き手はかえってその文章を早く消そうとの思いに駆られるのではないだろうか。

エピソードをひとつ語ると,私は,脚本家であり作家であられた故林秀彦氏と文通をさせていただいたことがある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9E%97%E7%A7%80%E5%BD%A6

http://kogchan.asablo.jp/blog/2011/12/18/6249140

林秀彦氏は常に何かと闘っていらした。

そしてその思いを歯に衣着せぬ辛辣で過激な著書にして出版されていた。

だが,当のご本人は決して意地悪でもなければ冷たい人物でもなく,むしろその真逆の熱い心を秘めた人情家であられ,人一倍傷つきやすくデリケートで,どこまでもナイーブな人物であられた。もっと言えば女性に大変よくおモテになる人物でもいらした。

林秀彦氏は誠実で生真面目な方でいらしただけに,日本を憂い,若者を憂い,「どうしてこんなこともわからないんだ!」と文机を叩き,深酒をされては,嘆きとともに眠りに落ち,目覚めてはまた,「ああ!今日こそ,どうにかして,このことをあの野郎どもにわからせてやらなければ!」との切実な思いから,呻吟していらしたようであった。

林秀彦氏は,わかりきったことすらわかっていない者,つまり自明性を失った者たちに対する迫力ある澄み切った怒りで漲った作家であられたように思う。

オーストラリアに移住された時,ご自宅を訪問してきた肩書の立派な女性が長居をして奥様の手料理を楽しみ,帰国しても御礼状ひとつ届かなかった不作法に対してであっても,同氏の筆に容赦はなかった。

「食うだけは豚のように食ったが」との威力ある一行に,度肝を抜かれた。

自明性を失った者たち,それは,行うべき当然の義務を果たそうとせず,けじめをつけず,きちんと生きることのできない,いい加減で,だらしのない者たちである。

その姿は,借りたお金を返さずにいられる者たちと,まったく同じである。

するべきこと,言うべきことをどこまでも引き延ばして時が流れるのをじっと待ち,無視したまま逃げ切ってしまうような卑怯者,つまり,行くべき義務のある場所に行かず,言うべき義務のある言葉を伝えず,守るべき約束を果たさずに平気でいられるような図図しい者たちが多数存在することはこの世の常である。

そして,そうした者たちに上手にしてやられる一方で,晴れることなき曇り空の心を抱えている者たちが多数存在することもまた,この世の常であろう。

謝罪や御礼の言葉が素直に言えない者たちは,謝罪すべき相手,感謝の言葉を伝えるべき相手に対して,何らかの名状し難い私怨なり負い目があり,あの男にだけは頭を下げたくない,あの女にだけはありがとうと言いたくないという悔しさというある種の嫉妬心を抱いているのではないだろうか?

だからこそ,あっさりと謝罪し,素直に感謝の気持ちを伝えて,状況を好転させ,前に進めることを阻むのだろう。

なぜなら,相手に対する根深い私怨がなければ,すぐにでも謝罪して早期解決を望み,お世話になりました,ありがとう,と伝えて,相手の批判や指摘から解き放たれ,一刻も早くお互いに負の感情から自由になりたいと思うのが通常人の感覚であり,一般的な人間関係だと思うからだ。

必要な謝罪や感謝が伝えられない者の側にこそ,根深い私怨があるというのが私の見解である。

私怨や負い目などがあるからこそ,最後の最期まで相手を無視し,必要な謝罪や感謝の言葉への抵抗という無言の攻撃を与え続けるのである。

特定の誰のことでもなく一般論として,例えば,配偶者の女性が,配偶者の男性からのDVに我慢ができなくなり,離婚の意思を明確に伝えて,一日も早い別離を求めているにもかかわらず,けじめをつけようとせず,いたずらに時間を稼いで,早期円満解決を望まずに,ぐずぐずと離婚を引き延ばし続けているとすれば,それは嫌がらせ以外の何ものでもない。

離婚を求めている配偶者への未練が断ちきれず,執着心という名の身勝手な愛情がない交ぜになった私怨が怒涛の如く渦巻いて,「離婚に応じてなどやるものか」との自我から,相手の愛情はとっくに覚めていることに気づかない振りをして自分をだまし,現実を受け入れたくないとの自己愛が先に立って,蛇の生殺しのように,何年も離婚届に判を押さず,離婚に抵抗し続けて嫌がらせをしているヤカラと同じである。

このように考えると,事と次第にも依るが,迅速なアクションを取ることが相手に対しての誠意であり,トラブルにおける好ましい態度と言えるだろう。

何でも自分の頭で考えて素早く決断して,自己責任を果たすことが出来て,機を見るに敏であり,臨機応変に対処できるような,凛とした決断力のある人物がトラブルの相手であったとすれば,幸運である。感情がこびりつくこともなく,争いが長期化することも少ないと思われるからである。もっとも,そのような人物は滅多にトラブルを発生させないが。

人間である以上誰しもミスがあり,己の弱さから過ちを犯すこともあれば,自覚なしに他人を傷つけることや,気づきもせずに勘違いをしていることもあれば,誤って覚えていることもあるから,トラブルの発生は避けられない。

歳を重ねれば,真面目な私だって,きっと,遅刻や失念も発生させるのだろう。

だから,「お互い様」として,宥恕すべきは宥恕することが肝要であろう。

だが,心ならずも,不作法,非礼,非道などを発生させて,相手からそれを指摘された場合には,気持ち良くお詫びを述べられるようでいたい。

指摘した相手にしても,一日も早く相手を許す機会が与えられ,速やかに双方が心の着地点を見出して前に進めるよう望んでいることに間違いはなく,それ以上の怒りや争いへと悪く変化させるものがあるとすれば,それは,正当な批判や指摘を無視したまま解決に尽力しようとしない何らかの負い目や私怨が原因であろうというのが私の見解である。



四捨五入すれば私も60代。

中学・高校時代のように,コグちゃんをはじめとする周囲の人たちを笑わせることを楽しみに,老後の人生を過ごせるような,そんな婆さんになっていきたい。

私はそう願っている。

2017年9月 5日 (火)

池澤夏樹氏の名誉を毀損する表現①②に対する-「ほっつき歩いている風来坊の池澤夏樹を、私が男にしてやったんだ、みたいなね」とのご意見ないしご論評のご表明-

友人と呼ぶにはおこがましい少し年上の知人女性がいる。

 


物知りで頭の回転が速い。


当意即妙の会話が楽しい。

 

話題も語彙も豊富で、ユーモアがあり、面白い。

 


だが私は、友人や知人に、私たち夫婦が直面している


名誉毀損不意打ち超高額ぼったくり訴訟」について


話すことを避けている。

 


友人・知人とは楽しいやりとりを心がけているからだ。

 

デパートに行くと、レターセットの売り場に立ち寄る。

 


つい先日は紅葉のカードが陳列されていたので手に取ると、850円とある。


主人に見せたら目を丸くして「いいお弁当が買えちゃうね」と不満のご様子。


そこで、父が好きだったコスモスのカードを選び、後は主人が選んでくれた。


伊東屋さんまで足を延ばし、リーゾナブルなカードを見つけることができた。

Dsc00004



その時々の記念切手や「おもてなしの花」シリーズの切手を買うのも好き。


好みのカードに文を書き、選んだ切手に、これもまた迷いつつ選んだ可愛らしいシールを並べてアレンジするひとときは、応訴中の、ささやかな気分転換である。

 

レターパックにはかなりの品物が入れられるから、お菓子や通販で購入した美しい花柄のノートやクリアファイル、薄手のマフラーなど入れてお贈りすることもある。

 


友人・知人は笑わせたいし、喜んでもらいたいし、心弾む会話を交わしたい。



だから、醜く、汚い、ウソで固められた訴訟の話は、極力避けている。

 


自分のことで心配をかけ、巻き込むのは本意ではない。

 


だが、冒頭で紹介した年長女性には、少しだけ話した。



そこで、その女性が語った、公開可能な内容を記そう。

 



私がね、あのねー、立派に、男にしてやったんだとか、言ってんのよね。

 

ほっつき歩いている、風来坊の、池澤夏樹を、私が男にしてやったんだ、みたいな、ね。

 



これは、「エッセイスト」と称する、池澤ショーエンバウム直美氏が、池澤ショーエンバウム直美のオフィシャルサイト2005年以降の主な活動履歴・実績における「執筆」「ナオミライクな日々」において、2011年9月19日に公開した「夢は時に多くのことを語り」と題する記事


http://blog.platies.co.jp/article/48028756.html



に公開されている、

 

 

私が将来の当てもない風来坊と結婚すると言い出した時も初めは反対こそすれ、最後にはあきらめていったん許してからは私たちの結婚を受け入れ、喜んでくれました。」との事実と、

 


当時池澤ショーエンバウム直美氏が勤務していた学校法人恵泉女学園・恵泉銀座センターとオフィスパースペクティブ共催の「キャリアカフェ」(池澤ショーエンバウム直美のオフィシャルサイト2005年以降の主な活動履歴・実績「講演・セミナー」・<就職・キャリア関連>)における「
キャリアカフェ」2007年6月9日 ()第12回 プラティエス㈱社長 池澤ショーエンバウム直美さん「プロアクティブな《きっかけ》作りがキャリアを変える」において語った「講義録」

http://career-cafe.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/12_c736.html


に公開されている、

 

「もう一つは池澤夏樹と知り合ったことです。今では押しも押されもせぬ大作家になりましたが、当時はもちろん、将来の予測もつかぬ風来坊でした」との事実②を前提事実として、

私がね、あのねー、立派に、男にしてやったんだとか、言ってんのよね

 

ほっつき歩いている、風来坊の、池澤夏樹を、私が男にしてやったんだ、みたいな、ね。

 

との意見ないし論評を表明したものである。

 

ちなみに、風来坊とは、身元が知れず、一つ所にとどまらない人。」

  

なお、前提事実とした①②は、いずれも池澤夏樹氏からの離婚の求めに応じた後、前妻であった池澤ショーエンバウム直美氏が①記載し②語った内容である事実に、特に留意する必要がある。

 


池澤夏樹氏の亡父は、わたくし天野ベラの亡母と従兄妹の関係性にある故福永武彦氏という著名な作家であり、開成中学から、一高に進み、東大仏文科を卒業した仏文学者であり、学習院大学教授でもあった人物である。

 


そうした経歴を有する作家の故福永武彦氏と、詩人の故原條あき子氏との間に誕生したひとり息子が池澤夏樹氏なのである。

 


したがって、作家か、詩人として、大成するだろうとの、将来の当てがあり,押しも押されもせぬ大作家になるかも知れないと、将来の予測もついたからこそ池澤夏樹氏と「結婚すると言い出した」のではないか。

 


私はそう思っている。

«心が冷えきった朝……イギリスに、「おもてなし」の心ってあるの?

フォト

最近の記事

無料ブログはココログ
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

弘中絵里弁護士らが、妊娠及び中絶に伴う責任の事案で、905万9839円もの超高額請求!